チャート一刀両断!の記事一覧

(95件)

アニメとロックの融合起こすLiSA、ファンク愛溢れるENDRECHERI……2作の“音楽性”に改めて注目

アニメとロックの融合起こすLiSA、ファンク愛溢れるENDRECHERI……2作の“音楽性”に改めて注目

HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析

HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析

ユーミン45周年記念ベストは“CD文化”の重要なサンプルに 付属ブックレットのコンテンツ力に注目

ユーミン45周年記念ベストは“CD文化”の重要なサンプルに 付属ブックレットのコンテンツ力に注目

BTS、『FACE YOURSELF』は日本ファン“待望の”アルバムに? チャート動向から考察

BTS、『FACE YOURSELF』は日本ファン“待望の”アルバムに? チャート動向から考察

超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

サカナクション、『魚図鑑』1位獲得で10周年イヤーに華 最新チャートに見るバンドの“循環”

サカナクション、『魚図鑑』1位獲得で10周年イヤーに華 最新チャートに見るバンドの“循環”

祭nine.が『HARE晴れカーニバル』で示したグループイメージ ボイメンよりも“和”の方向に?

祭nine.が『HARE晴れカーニバル』で示したグループイメージ ボイメンよりも“和”の方向に?

欅坂46、なぜ「ガラスを割れ!」が表題曲に? 収録曲に共通するイメージに迫る

欅坂46、なぜ「ガラスを割れ!」が表題曲に? 収録曲に共通するイメージに迫る

Candy or Whip、CHiCO with HoneyWorks、Eve×Sou…最新チャートから考える、Jポップの今

Candy or Whip、CHiCO with HoneyWorks、Eve×Sou…最新チャートから考える、Jポップの今

嵐、『Find The Answer』は“壮大な”リリース? 精巧に作り込まれたサウンドを徹底分析

嵐、『Find The Answer』は“壮大な”リリース? 精巧に作り込まれたサウンドを徹底分析

miracle² from ミラクルちゅーんず!、なぜ親子で応援したくなる? サウンドを軸に考察

miracle² from ミラクルちゅーんず!、なぜ親子で応援したくなる? サウンドを軸に考察

TWICE、「Candy Pop」はMVとのギャップがポイント? “甘くない”サウンドを分析

TWICE、「Candy Pop」はMVとのギャップがポイント? “甘くない”サウンドを分析

ゴールデンボンバーによるユーモラスで鋭い問題提起 最新作の収録曲から読み解く

ゴールデンボンバーによるユーモラスで鋭い問題提起 最新作の収録曲から読み解く

KinKi Kids「Topaz Love」は彼らにしか歌えない歌だ デュエットソングの新境地に溢れる“らしさ”

KinKi Kids「Topaz Love」は彼らにしか歌えない歌だ デュエットソングの新境地に溢れる“らしさ”

WANIMAの黄金期はここからだ! 絶好調の『Everybody!!』チャートアクションから紐解く

WANIMAの黄金期はここからだ! 絶好調の『Everybody!!』チャートアクションから紐解く

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

尾張名古屋はSKE48でもつ? 『無意識の色』収録曲から“王道的なアイドルポップス”を考察

ジャニーズWESTが『WESTival』で示す振り幅の広さ グループは今後どう化けていく?

ジャニーズWESTが『WESTival』で示す振り幅の広さ グループは今後どう化けていく?

NMB48「ワロタピーポー」のポイントは“軽薄さ”にあり? 秋元康のプロデュース力光る作品に

NMB48「ワロタピーポー」のポイントは“軽薄さ”にあり? 秋元康のプロデュース力光る作品に

安室奈美恵は“200万枚を売り上げた最後のアーティスト”となるか? 2017年最終週チャート分析

安室奈美恵は“200万枚を売り上げた最後のアーティスト”となるか? 2017年最終週チャート分析

A.B.C-Z、年末を飾る新シングルの聴きどころは? 豪華作家陣によるサウンドと歌詞から考察

A.B.C-Z、年末を飾る新シングルの聴きどころは? 豪華作家陣によるサウンドと歌詞から考察

椎名林檎、提供曲から辿る音楽的な変遷 『逆輸入~航空局~』に見る“音楽家”としての本分

椎名林檎、提供曲から辿る音楽的な変遷 『逆輸入~航空局~』に見る“音楽家”としての本分

Kis-My-Ft2「赤い果実」で打ち出した新たな側面 “演じながら歌う”楽曲スタイルから考察

Kis-My-Ft2「赤い果実」で打ち出した新たな側面 “演じながら歌う”楽曲スタイルから考察

150万枚突破の安室奈美恵と躍進続けるMy Hair is Bad それぞれがチャートアクションで示したもの

150万枚突破の安室奈美恵と躍進続けるMy Hair is Bad それぞれがチャートアクションで示したもの

UNISON SQUARE GARDENが追求する、3ピースバンドの可能性ーー最新曲から考察

UNISON SQUARE GARDENが追求する、3ピースバンドの可能性ーー最新曲から考察

安室奈美恵『Finally』は単なるベストではない 25年を経て辿り着いた“最新作”としての捉え方

安室奈美恵『Finally』は単なるベストではない 25年を経て辿り着いた“最新作”としての捉え方

欅坂46『風に吹かれても』、2週連続売上首位の理由は? カップリング曲や販売形態から考察

欅坂46『風に吹かれても』、2週連続売上首位の理由は? カップリング曲や販売形態から考察

東方神起、ベスト盤ヒットの背景 “復帰作”と“根強い人気”以外にも理由が?

東方神起、ベスト盤ヒットの背景 “復帰作”と“根強い人気”以外にも理由が?

TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目

TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版