宮台真司の記事一覧

宮台真司×中森明夫が語る、映画と社会の現代的難点 『正義から享楽へ』対談イベントレポ(前編)

宮台真司×中森明夫が語る、映画と社会の現代的難点 『正義から享楽へ』対談イベントレポ(前編)

宮台真司×中森明夫によるトークイベント開催間近!

宮台真司×中森明夫によるトークイベント開催間近!

宮台真司×富田克也×相澤虎之助 特別鼎談「正義から享楽へ 空族の向かう場所」

宮台真司×富田克也×相澤虎之助 特別鼎談「正義から享楽へ 空族の向かう場所」

宮台真司×中森明夫によるトークショー開催! 旧知の二人が“映画”と“社会”を語り尽くす

宮台真司×中森明夫によるトークショー開催! 旧知の二人が“映画”と“社会”を語り尽くす

宮台真司はなぜ映画批評を再開したのか? 『正義から享楽へ』刊行記念インタビュー

宮台真司はなぜ映画批評を再開したのか? 『正義から享楽へ』刊行記念インタビュー

宮台真司×黒沢清 対談:黒沢作品における“取り残された者の呪い”をめぐって

宮台真司×黒沢清 対談:黒沢作品における“取り残された者の呪い”をめぐって

宮台真司の映画批評集『正義から享楽へ』刊行決定! 黒沢清、富田克也&相沢虎之助と対談も

宮台真司の映画批評集『正義から享楽へ』刊行決定! 黒沢清、富田克也&相沢虎之助と対談も

宮台真司の映画批評集『正義から享楽へ』刊行決定! 黒沢清、富田克也&相沢虎之助と対談も

宮台真司の映画批評集『正義から享楽へ』刊行決定! 黒沢清、富田克也&相沢虎之助と対談も

宮台真司の『ニュースの真相』評:よく出来た映画だが、トランプ現象の背景を捉えきれない

宮台真司の『ニュースの真相』評:よく出来た映画だが、トランプ現象の背景を捉えきれない

宮台真司の『シン・ゴジラ』評:同映画に勇気づけられる左右の愚昧さと、「破壊の享楽」の不完全性

宮台真司の『シン・ゴジラ』評:同映画に勇気づけられる左右の愚昧さと、「破壊の享楽」の不完全性

宮台真司の『シリア・モナムール』評:本作が『ヒロシマ・モナムール』の水準に留まる事実への苦言

宮台真司の『シリア・モナムール』評:本作が『ヒロシマ・モナムール』の水準に留まる事実への苦言

宮台真司の『二重生活』評:あり得たかもしれない演出を考えることで、普遍的寓意へと到達できる

宮台真司の『二重生活』評:あり得たかもしれない演出を考えることで、普遍的寓意へと到達できる

宮台真司の『さざなみ』評:観客への最低足切り試験として機能する映画

宮台真司の『さざなみ』評:観客への最低足切り試験として機能する映画

宮台真司の『キム・ギドクBlu-ray BOX初期編』評:初期3作が指し示す「社会から遠く離れた場所」

宮台真司の『キム・ギドクBlu-ray BOX初期編』評:初期3作が指し示す「社会から遠く離れた場所」

「佐村河内守は今もマンションの一室でぼーっとしている」 森達也監督『FAKE』初日舞台挨拶に登壇

「佐村河内守は今もマンションの一室でぼーっとしている」 森達也監督『FAKE』初日舞台挨拶に登壇

宮台真司の『LOVE【3D】』評:「愛の不可能性」を主題化した「いとおしさ」に充ちた作品

宮台真司の『LOVE【3D】』評:「愛の不可能性」を主題化した「いとおしさ」に充ちた作品

宮台真司の『カルテル・ランド』評:社会がダメなのはデフォルトとして、どう生きるかを主題化

宮台真司の『カルテル・ランド』評:社会がダメなのはデフォルトとして、どう生きるかを主題化

宮台真司の『FAKE』評:「社会も愛もそもそも不可能であること」に照準する映画が目立つ

宮台真司の『FAKE』評:「社会も愛もそもそも不可能であること」に照準する映画が目立つ

宮台真司の『アレノ』『起終点駅 ターミナル』評: 潜在的第三者についての敏感さが失われている

宮台真司の『アレノ』『起終点駅 ターミナル』評: 潜在的第三者についての敏感さが失われている

宮台真司の『恋人たち』評:〈世界〉を触知することで、主人公と観客が救われる傑作

宮台真司の『恋人たち』評:〈世界〉を触知することで、主人公と観客が救われる傑作

宮台真司の『岸辺の旅』評:映画体験が持つ形式のメタファーとしての黒沢作品

宮台真司の『岸辺の旅』評:映画体験が持つ形式のメタファーとしての黒沢作品

宮台真司『ドローン・オブ・ウォー』評:テクノロジー使用がもたらす人倫破壊に対する、強力なる人倫の擁護

宮台真司『ドローン・オブ・ウォー』評:テクノロジー使用がもたらす人倫破壊に対する、強力なる人倫の擁護

宮台真司の『野火』『日本のいちばん長い日』評:戦争を描いた非戦争映画が伝えるもの

宮台真司の『野火』『日本のいちばん長い日』評:戦争を描いた非戦争映画が伝えるもの

宮台真司の『オン・ザ・ハイウェイ』評:ギリシャ悲劇の王道に連なる、86分間の密室劇

宮台真司の『オン・ザ・ハイウェイ』評:ギリシャ悲劇の王道に連なる、86分間の密室劇

宮台真司の『バケモノの子』評:言葉ならざる親子の関係を描く、細田守監督の慧眼

宮台真司の『バケモノの子』評:言葉ならざる親子の関係を描く、細田守監督の慧眼

宮台真司+小林武史が語る、2010年代の「音楽」と「社会」の行方

宮台真司+小林武史が語る、2010年代の「音楽」と「社会」の行方

宮台真司+小林武史が語る、音楽と変性意識「60年代の音楽はエモーションを丸ごと録ろうとした」

宮台真司+小林武史が語る、音楽と変性意識「60年代の音楽はエモーションを丸ごと録ろうとした」

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版