> 作品評

作品評の記事一覧

(859件)

公開中の話題作を中心に、幅広い作品を映画評論家・ライターが徹底レビュー。

白石和彌監督『彼女がその名を知らない鳥たち』の“鳥”が意味するものーー驚くべき二面性を読む

白石和彌監督『彼女がその名を知らない鳥たち』の“鳥”が意味するものーー驚くべき二面性を読む

『猿の惑星:聖戦記』に溢れる武論尊ヴァイブス! 猿たちが見せる男気と哀しみ

『猿の惑星:聖戦記』に溢れる武論尊ヴァイブス! 猿たちが見せる男気と哀しみ

地下アイドル・姫乃たまの『ナラタージュ』評:全ては終盤のラブシーンのために

地下アイドル・姫乃たまの『ナラタージュ』評:全ては終盤のラブシーンのために

トム・クルーズの狂騒がキラキラと輝くーー『バリー・シール』が描き出す、アメリカの病理

トム・クルーズの狂騒がキラキラと輝くーー『バリー・シール』が描き出す、アメリカの病理

米ホラー映画は再びエキサイティングな実験場に 『アナベル 死霊人形の誕生』に見る、恐怖の化学式

米ホラー映画は再びエキサイティングな実験場に 『アナベル 死霊人形の誕生』に見る、恐怖の化学式

『女神の見えざる手』は銃社会を“撃つ”ーージェシカ・チャステインのあまりに格好良いヒロイン像

『女神の見えざる手』は銃社会を“撃つ”ーージェシカ・チャステインのあまりに格好良いヒロイン像

『Fate』シリーズ、大ヒットの衝撃 10年以上支持され続ける背景とは

『Fate』シリーズ、大ヒットの衝撃 10年以上支持され続ける背景とは

人間は生きる価値がない存在なのかーー『猿の惑星:聖戦記』が暴く、人間の傲慢な意識

人間は生きる価値がない存在なのかーー『猿の惑星:聖戦記』が暴く、人間の傲慢な意識

恋愛映画が突然、ヴァイオレンス映画に? 変てこ映画『ロキシー』に漂う、90年代Vシネの雰囲気

恋愛映画が突然、ヴァイオレンス映画に? 変てこ映画『ロキシー』に漂う、90年代Vシネの雰囲気

“素っ裸の少年魂”がここにある 『動くな、死ね、甦れ!』が照射するカネフスキー映画の真相

“素っ裸の少年魂”がここにある 『動くな、死ね、甦れ!』が照射するカネフスキー映画の真相

有村架純の「まなざし」と松本潤の「言葉」が行間を埋めるーー映画『ナラタージュ』の文学性

有村架純の「まなざし」と松本潤の「言葉」が行間を埋めるーー映画『ナラタージュ』の文学性

『アウトレイジ 最終章』は、なぜ希望を描いてしまったのか? 日本社会の“現実”との関係性

『アウトレイジ 最終章』は、なぜ希望を描いてしまったのか? 日本社会の“現実”との関係性

その番組が見えたら終わり!? 「謎のテレビ番組」をめぐる都市伝説ホラードラマ、Huluで配信開始!

その番組が見えたら終わり!? 「謎のテレビ番組」をめぐる都市伝説ホラードラマ、Huluで配信開始!

実写版『亜人』はなぜ“原作とは異なる展開”で成功した? アクション映画としての潔さを考察

実写版『亜人』はなぜ“原作とは異なる展開”で成功した? アクション映画としての潔さを考察

映画作家・北野武の集大成ーー『アウトレイジ 最終章』がもたらす贅沢な時間

映画作家・北野武の集大成ーー『アウトレイジ 最終章』がもたらす贅沢な時間

人間の役割をアンドロイドが代行? Huluプレミア『ヒューマンズ』は未来を予言する

人間の役割をアンドロイドが代行? Huluプレミア『ヒューマンズ』は未来を予言する

西野七瀬『あさひなぐ』は乃木坂46を“苦悩”から救う? 『悲しみの忘れ方~』との関係を読む

西野七瀬『あさひなぐ』は乃木坂46を“苦悩”から救う? 『悲しみの忘れ方~』との関係を読む

『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』が描き出す、アメリカ社会の親子問題

『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』が描き出す、アメリカ社会の親子問題

BOMIの『スイス・アーミー・マン』評:自由な発想で作られた、ファンタスティックな映画

BOMIの『スイス・アーミー・マン』評:自由な発想で作られた、ファンタスティックな映画

『人生タクシー』は“映画”ではない? 特異な表現を生んだ、イラン社会の現実

『人生タクシー』は“映画”ではない? 特異な表現を生んだ、イラン社会の現実

“一人称視点”の新感覚アクション『ハードコア』の映画的価値とは? 小野寺系が徹底レビュー

“一人称視点”の新感覚アクション『ハードコア』の映画的価値とは? 小野寺系が徹底レビュー

久しぶりの“ニコラス刑事”登場! ニコラス・ケイジが『ヴェンジェンス』で見せる、圧倒的な哀愁

久しぶりの“ニコラス刑事”登場! ニコラス・ケイジが『ヴェンジェンス』で見せる、圧倒的な哀愁

BOMIの『望郷』評:家族にトラウマを抱えた人、また地方出身者にとって確実に響く映画

BOMIの『望郷』評:家族にトラウマを抱えた人、また地方出身者にとって確実に響く映画

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版