>  >  > 『グッド・ドクター』2年ぶりの2桁発進

『グッド・ドクター』山崎賢人の“新しい表情”に反響 木曜劇場2年ぶりの視聴率2桁発進に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月12日にスタートした山崎賢人主演ドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)の第1話が、11.5%(関東地区、ビデオリサーチの調べ)の平均視聴率を記録した。木曜劇場枠としては、2016年7月クールに放送された『営業部長 吉良奈津子』以来の2桁発進となり、主演の山崎の演技や物語へに対して好意的な声が上がった。

 本作は、自閉症スペクトラム障害を抱える青年・新堂湊を主人公としたメディカル・ヒューマンドラマ。これまで、『ATARU』(TBS系)で主演を務めた中居正広や、『アルジャーノンに花束を』のユースケ・サンタマリア(関西テレビ・フジテレビ系)、山下智久(TBS系)など、障害を抱えた主人公を数々の俳優が演じてきた。本作で山崎が演じる湊は、コミュニケーション能力に障害を持つ一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群と診断されている。第1話では、山崎が患者の情報や難しい医療用語を用いた説明を早口で話す台詞回しや、対人関係や言語の発達に偏りがある障害を、相手と話すときの目の動きや体の動きで巧く表現。慌てる様子や驚きをストレートに、特に嬉しさを素直に表情に出すときの湊の笑顔には、ネット上で「かわいい」との声が溢れていた。

 山崎は、『トドメの接吻』(日本テレビ系)のホスト役や映画『オオカミ少女と黒王子』『ヒロイン失格』などの少女漫画原作の作品でヒロインと恋に落ちていく王子様ポジションをはじめ、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』などのヒーロー的な役どころを演じてきた。『グッド・ドクター』の放送直後、山崎のこれまでとの演技の振り幅に、ネット上には「演技に引き込まれる」「演技すごい」と反響が寄せられている。本作が山崎とタッグを組むのが『水球ヤンキース』『好きな人がいること』に続き3作目となるフジテレビの藤野良太プロデューサーは、「企画を立てる上で念頭においていたのが“山崎賢人さんの新しい表情をどう引き出すか”ということ」と話しており、今後、湊が成長していく過程を山崎がどのように演じていくのかには、目が離せないだろう。

      

「『グッド・ドクター』山崎賢人の“新しい表情”に反響 木曜劇場2年ぶりの視聴率2桁発進に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版