>  > 『キリング・ガンサー』は問題作?

シュワちゃんは一体どこへ行く? 不安と期待が混然一体となった問題作『キリング・ガンサー』

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「老境に差し掛かったシュワに何をさせとるんだ」という気持ちとともに、これを快く演じ切ったシュワの器の大きさにド肝を抜かれる1本だ。シュワちゃん、貴方は一体どこへ行く? そんな不安と期待が混然一体となった問題作なのは間違いない。

『キリング・ガンサー』予告編

■加藤よしき
ライター。1986年生まれ。暴力的な映画が主な守備範囲です。
『別冊映画秘宝 90年代狂い咲きVシネマ地獄』に記事を数本書いています。

■公開情報
『キリング・ガンサー』
7月14日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク9にてロードショー
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、タラン・キラム、コビー・スマルダーズ、ボビー・モナハン、ハンナ・シモーヌ
監督・脚本:タラン・キラム
製作総指揮:アーノルド・シュワルツェネッガー
撮影:ブレイク・マクルーア
編集:アダム・エプスタイン
提供:クロックワークス、ギャガ
配給:クロックワークス
2017年/アメリカ/カラー/ビスタ/デジタル上映/DCP5.1ch/93分/英語/字幕翻訳:町野健二/レイティング:G
(c)2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED (c)2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://klockworx-v.com/killinggunther/

      

「シュワちゃんは一体どこへ行く? 不安と期待が混然一体となった問題作『キリング・ガンサー』」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版