>  > 野木亜紀子、『アンナチュラル』を語り尽くす

野木亜紀子が振り返る、『アンナチュラル』の成功 「自分が面白いと思うものをつくっていくしかない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「たぶん、腐ってあきらめないことが大事なのかも」

――『アンナチュラル』の最後では、ミコトが天丼を食べて終わるわけですけど、あれは、最初ともつながっていますし、誰1人、UDIラボのメンバーも欠けることなく、日常が続いていくなと思ったんですけど。

野木:飯尾さん演じる坂本は、第3話でUDIラボから出ていって、でも飯尾さんが面白かったのでまた出すようになって、もはや癒し要員だったんですけど、すっかり愛着も出てきたから、最後に戻ってもらうかって。その時点では、まだ視聴者は観てはいないんですけどね。

――きっと、みんなも愛着を持つだろうと。ほんとにそうなりましたね。あと、絶望と食べるというテーマもすごく大きかったのかなって。

野木:食事シーンに関しては、塚原さんもすごく意識してくださって、常に何かしらポリポリ食べているように演出してましたね。企画段階から「絶望してる暇があるなら、うまいもの食べて寝るかな」というセリフを書いていたこともあって、脚本も演出も、そのセリフに立脚してつくっていたという感じです。

――しかし、六郎がミコトにも聞いてましたけど、絶望しないで生きていくにはどうしたらいいですかねって。

野木:ほんとに、日々絶望することだらけですよね。いろんな事件とかあって。たぶん、腐ってあきらめないことが大事なのかも。私もミコトを見習いたいなといつも思ってます。中堂みたいにクソクソばっかり言っててもなんですし(笑)。

――逆にクソクソちゃんということで、腐らないで済むんじゃないですかね(笑)。

(取材・文=西森路代)

■リリース情報
『アンナチュラル』
7月11日(水)、Blu-ray&DVD発売
レンタルDVD全5巻同時リリース

・Blu-ray
価格:24,000円+税

<仕様>
2018年/日本/カラー/本編+特典映像(収録分数:本編472分+特典171分)/16:9 1080i High Definition/DISC1~4:2層/音声:リニア PCM2ch ステレオ/字幕:日本語(本編のみ)/全10話/4枚組(本編ディスク3枚+特典ディスク1枚)

・DVD
価格:19,000円+税

<仕様>
2018年/日本/カラー/本編+特典映像(収録分数:本編472分+特典171分)/16:9LB/DISC1〜5:片面1層、DISC6:片面2層/音声:ドルビーデジタル 2.0ch ステレオ/字幕:日本語(本編のみ)/全10話/6枚組(本編ディスク5枚+特典ディスク1枚)
※仕様は変更となる場合がございます

【特典映像171分】プレミアム試写会、「アンナチュラル」ぶっちゃけトーク 完全版、メイキング&クランクアップ、インタビュー集 スペシャルロングver(石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊)、「アンナチュラル」ベストシーン×「Lemon」、SPOT集

第8話は未公開カットを追加したディレクターズカット版を収録

【特典音声】
最終話オーディオコメンタリー 神倉保夫役・松重豊×脚本家・野木亜紀子×監督・塚原あゆ子

【初回生産限定封入特典】「茶色い小鳥」ミニ絵本

【封入特典】ブックレット(32P)
脚本家・野木亜紀子による各話ライナーノート掲載

出演:石原さとみ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、薬師丸ひろ子、松重豊(特別出演)、池田鉄洋、竜星涼、小笠原海(超特急)、飯尾和樹(ずん)、北村有起哉、大倉孝二
脚本:野木亜紀子
主題歌:米津玄師「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)
音楽:得田真裕
法医学監修:上村公一、鵜沼香奈(東京医科歯科大学)
プロデューサー:新井順子、植田博樹
演出:塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭
製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS
発売元:TBS
発売協力:TBSサービス
販売元:TCエンタテインメント

「野木亜紀子が振り返る、『アンナチュラル』の成功 「自分が面白いと思うものをつくっていくしかない」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版