>  >  > 『止められるか、俺たちを』ビジュアル

白石和彌監督作『止められるか、俺たちを』ビジュアル公開 寺島しのぶ「万歳!若松組!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 白石和彌監督最新作『止められるか、俺たちを』の公開日が10月13日に決定。あわせてメインビジュアルと出演者からのコメントが公開された。

 本作は、2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年、若松プロダクションの映画製作再始動の第1弾として製作されたヒューマンドラマ。1969年、“若松プロダクション”の門を叩いた少女の目を通して、若松とともに映画、政治、青春が駆け抜けていった一瞬の時を描く。

 若松を井浦新、吉積めぐみを門脇麦が演じるほか、若松プロダクションを支えたスタッフとして、足立正生役の山本浩司、沖島勲役の岡部尚、大和屋竺役の大西信満、秋山道男役のタモト清嵐、小水一男役の毎熊克哉、荒井晴彦役の藤原季節が出演する。

 公開されたビジュアルでは、門脇を大きく配置し、井浦演じる若松を中心とした新進気鋭の若者たちの姿が切り取られ、「ここには映画と青春があった でも私はなにをみつけたんだろう」とキャッチコピーが添えられている。

キャストコメント

満島真之介(ミキサー助手福ちゃん役)

この作品が、私を映画の世界へと招き入れてくれた我が師、若松孝二監督とのかけがえのないあの時を思い出させてくれました。初心を大切に、再出発です。ありがとう。

渋川清彦(松田政男役)

若松監督と時間を共に出来た事は、俺の財産です。学んだ事を胸に自分なりにやって行きます。新宿二丁目の蕎麦屋で、若松監督とクマさんに偶然お会いした夜の事は、一生忘れられません。

音尾琢真(赤塚不二夫役)

私自身は若松孝二監督とはお会いできないままでしたが、その意思を受け継いでいる仏のように優しい鬼才、白石監督を通してお会いできているような気持ちでおります。この映画は、心の奥にこんな感情がまだ残っていたのか、と思えるほど、熱いものをこみ上げさせました。私も若松プロにいたかった、心からそう思います。

高岡蒼佑(大島渚役)

「高岡くん、スーツの準備しておけよ」
一緒に作った作品がベネチアに招待された時の第一声。これが若松さんだ。
僕がチラチラと横目で見つめつづけてきた若松さんが作品の中にいた。優しさと切なさが胸の中で弾けて、立て続けに二回見てしまった。若松さんを愛する人も若松さんを知らない人も、誰もが若松孝二とあの時代の若松プロに魅了されてしまうに違いない!参加できたことが最高だ!

高良健吾(吉澤健役)

この映画の登場人物達のように燃えるように生きたい。ここではないどこかへ行く夢を一緒に見た気がする。

寺島しのぶ(前田のママ役)

万歳!若松組!

■公開情報
『止められるか、俺たちを』
10月13日(土)テアトル新宿ほか全国順次公開
出演:門脇麦、井浦新、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作、中澤梓佐、満島真之介、渋川清彦、音尾琢真、高岡蒼佑、高良健吾、寺島しのぶ、奥田瑛二
監督:白石和彌
製作:尾﨑宗子
プロデューサー:大日方教史、大友麻子 
脚本:井上淳一
音楽:曽我部恵一
製作:若松プロダクション、スコーレ、ハイクロスシネマトグラフィ
配給:スコーレ
(c)2018若松プロダクション
公式サイト:www.tomeore.com

「白石和彌監督作『止められるか、俺たちを』ビジュアル公開 寺島しのぶ「万歳!若松組!」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版