>  >  > ディーン・フジオカ『モンクリ』コメント

ディーン・フジオカ、『モンテ・クリスト伯』最終回に「見ないと損ですよ、絶望の向こう側を」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月14日に最終回を迎える木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』より、主演を務めるディーン・フジオカのコメントが公開された。

 本作は、幸せの絶頂から冤罪を着せられた主人公・柴門暖(ディーン・フジオカ)が、15年間の投獄を経て投資家のモンテ・クリスト・真海となり、3人の男たちへ復讐を果たしていくノンストップ復讐劇。

 ディーンは、本作で演じているモンテ・クリスト・真海が「ハマリ役」と言われることについて、「ハマリ役と言っていただける役に出会えるというのはめったにないことなので、うれしいです。俳優って自分がイニシアチブを取る(主導する)仕事ではないじゃないですか。だから、そういう役と巡り合わせていただけて本当にありがたい、光栄なことだなと思います」とコメント。

 また、役作りについて「モンテ・クリストというキャラクターは、実際に演じる前は、早口で一気に話していって、最後の一言二言だけすごくゆっくり言葉を置く、というようなイメージだったんです。英語などで他のリメーク作品を見ているからかもしれないですけど…。でも、日本語は、“一番最後の言葉を取らない方が勝ち”というように思えて。他の言語だと往々にして、一気に話して相手が返してこなかったら“最後の一言を取った方が勝ち”みたいなところがあるじゃないですか。でも日本語って全く逆で、相手を詰めるよりも、相手に言わせておいて一歩下がってすかす、みたいな…それが日本語での社会の駆け引きの仕方だなと、この何年かで思っていたんですよ。相手が反論できないくらい追い詰めて、最後の言葉を取ってしまうと“余裕がない人”と捉えられるというか…一言で必殺!というようなことが日本語の美学かなと思ったので、真海のセリフ、立ち振る舞いはそういうところを意識して演じました。…ゆっくりと」と語った。

 最終回の見どころについて「見ないと損ですよ、絶望の向こう側を(笑)。絶望の後には希望しかないんじゃないかって思いたいですね。でもどうなるんでしょう。ドラマは一つの絵画のようなものですよね。最後の絵がどういう絵になるのかというのは…最後で皆さんがどう感じていただけるかというのは、一話から通して見ていただいた方が重みも違ってくると思うし、導き出す答えというのも変わってくると思うので…ぜひ最初から、“一番最後の絵”にたどり着くまで堪能していただきたいですね」と話している。

 最終話となる第9話では、南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)、入間公平(高橋克典)へのモンテ・クリスト・真海の復讐が結末を迎える。

■放送情報
木曜劇場『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』
フジテレビ系にて、6月14日(木)21:00~22:48 最終回2時間スペシャル
出演者:ディーン・フジオカ、大倉忠義、山本美月、高杉真宙、葉山奨之、岸井ゆきの、桜井ユキ、三浦誠己、渋川清彦、新井浩文、田中泯、風吹ジュン、木下ほうか、山口紗弥加、伊武雅刀、稲森いずみ、高橋克典
原作:アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』
脚本:黒岩勉
プロデュース:太田大、荒井俊雄
演出:永山耕三、野田悠介【第9話(最終話)】
制作著作:フジテレビ
(c)フジテレビ
公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/

「ディーン・フジオカ、『モンテ・クリスト伯』最終回に「見ないと損ですよ、絶望の向こう側を」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版