>  >  > 『世界で一番ゴッホを描いた男』10月公開

ゴッホの複製画に人生を捧げた男を追うドキュメンタリー 『世界で一番ゴッホを描いた男』10月公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭監督賞受賞作品『China’s Van Goghs(原題)』が、『世界で一番ゴッホを描いた男』の邦題で10月20日より公開されることが決定。あわせてティザービジュアルも公開された。

 中国・深圳市近郊にある「大芬(ダーフェン)油画村」では、ゴッホをはじめとする有名画家のレプリカ制作が産業として確立しており、実に世界市場の6割を生産していると言われている。本作は、そんな大芬で生きるひとりの画家チャオ・シャオヨンが、未だ経験がない“本物のゴッホの絵を見る”という夢を叶えるため、アムステルダムを訪れるまでを描いたドキュメンタリー。

 2016年のアムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭でワールド・プレミアされた後、数多くの映画祭で上映されている。監督のユイ・ハイボーとキキ・ティンチー・ユイは父娘であり、父は著名な写真家。娘は自身の制作会社で監督・プロデューサーを務めるだけでなく、上海の学校で教鞭も執っている。

 公開されたティザービジュアルでは、寝そべるチャオ・シャオヨンの上に、ゴッホが手がけた多くの作品が壁に描かれ、「職人か芸術家か」というキャッチコピーが添えられている。

■公開情報
『世界で一番ゴッホを描いた男』
10月20日(土)より新宿シネマカリテ、伏見ミリオン座ほか、全国順次ロードショー
監督:ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ
提供:アルカディア・パートナー、A-pock
配給:アーク・フィルムズ/スターキャット
協力:朝日新聞社
原題:中國梵高 英題:China’s Van Goghs
2016年/中国、オランダ/16:9/84分
(c)Century Image Media (China)

「ゴッホの複製画に人生を捧げた男を追うドキュメンタリー 『世界で一番ゴッホを描いた男』10月公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版