>  >  > 『銀魂2』タイトル&エピソード決定

『銀魂2』タイトル決定&新キャラ情報 『真選組動乱篇』と『将軍接待篇』を融合したエピソードに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月17日に公開となる映画『銀魂』続編のタイトルが、『銀魂2 掟は破るためにこそある』に決定。あわせて今回実写化される原作エピソードも判明した。

 累計発行部数5,500万部以上を超える、『週刊少年ジャンプ』で連載中の空知英秋による人気コミックを実写映画化した前作『銀魂』は、最終興行収入38.4億円を記録し、2017年の実写邦画No.1の成績を残す大ヒット作品に。その続編となる本作では、監督の福田雄一、主人公・坂田銀時役の小栗旬をはじめ、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、佐藤二朗、堂本剛の続投と、新キャスト・お登勢役としてキムラ緑子の出演が発表されている。

 今回実写化されるエピソードは、『銀魂』史上最もアツいとされる『真選組動乱篇』、そして隠れ人気キャラの“将ちゃん”が登場する、最も笑える『将軍接待篇』を融合させたハイブリッド作品となる。

 福田監督も「1作目のお客さんの感想を読んだときに、面白くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』に求められていることなんだと気づき、それで、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」とコメント。

 映画の物語は、前作同様かぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開。金欠で家賃も払えない万事屋3人はついにバイトを決意するが、行く先々のバイト先でなんと天下の将軍様と遭遇する羽目に。同じ頃、真選組の内紛劇によって、近藤たちは真選組始まって以来の危機に迫られる。やがて将軍をも巻き込む陰謀につながり、江戸中で大騒動が勃発。この最大の危機に万事屋は、銀時はどう立ち向かうのか。

 そして、“新たな登場人物たち”の存在も示唆され、5人の新キャラクターたちのシルエットビジュアルも公開された。キャスト情報は6月末に発表される予定だ。

■公開情報
『銀魂2 掟は破るためにこそある』
8月17日(金)、全国ロードショー
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、ムロツヨシ、キムラ緑子、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、堂本剛
脚本・監督:福田雄一
原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
製作:映画「銀魂2」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)空知英秋/集英社 (c)2018 映画「銀魂2」製作委員会
公式サイト:gintama-film.com

「『銀魂2』タイトル決定&新キャラ情報 『真選組動乱篇』と『将軍接待篇』を融合したエピソードに」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版