>  > 永瀬正敏×岩田剛典『Vision』対談

永瀬正敏×岩田剛典が語る、映画『Vision』への向き合い方 「河瀬組は役者の原点に立ち戻される」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩田「演じるというよりも自然と鈴になっていた」 

ーー完成された作品を観たときはどう感じましたか?

永瀬:河瀬監督は演じるということを嫌われる監督です。永瀬正敏ではなく、智として生きていかなければいけない。その姿を切り取られているので、自分の感情なのか、智の感情なのか、どちらの気持ちで観ているのか、何とも言えないんです。率直に、「こんなことになるんだ」という驚きの連続ではありました。

岩田:河瀬組の空気感、その中に自分を存在させる。演じるというよりも、自然と鈴にそうなっていた感覚がありました。監督から「台本は一度読んだらもう読まなくていい」とも言われて。現場で感じたもので変化してもらいたいと。生活をしていけばいくほど、鈴というものが自分の中で深まっていく感じがありました。完成した作品を観ても、永瀬さんと同じようにすごくびっくりしました。一言で表すことができない難しい作品だと思うのですが、その中に「生と死」など普遍的なテーマも内包されている映画です。観る方の感情によって、受け取られ方も全然違う映画になるのではと思います。

ーー河瀬組は現場では“役として”しか会話をさせないと聞いたことがあります。撮影を終えて、素の自分として互いを見ていかがですか?

永瀬:言い方として簡単になるんですが、岩田君は“好青年”です。好青年っていうのは、おざなりな好青年って意味じゃなくて、物事に対する真剣さであったり、人やしきたりに対する礼儀をもった誠実さであったり。一本揺るぎない芯が通っている感じがあります。これからずっと応援していく存在ですね。

岩田:うれしいです。永瀬さんはこれだけワールドワイドに幅広い作品にご出演されていて、すごいキャリアを重ねているのに、一切おごった感じがありません。スタッフさんや周りのみんなへの気遣いが本当に素晴らしいんです。人としてすごく尊敬しています。永瀬さんみたいになりたいですね。

永瀬:いやいや、こんな風になっちゃだめだよ(笑)。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

(取材・文=石井達也/写真=池村隆司)

■公開情報
『Vision』
全国公開中
出演:ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、岩田剛典、美波、森山未來、コウ、白川和子、ジジ・ぶぅ、田中泯、夏木マリ
監督・脚本:河瀬直美
製作:LDH JAPAN SLOT MACHINE 組画
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
プロデューサー:宮崎聡、Marianne Slot、河瀬直美
音楽:小曽根真
企画協力:小竹正人
制作プロダクション:組画
配給:LDH PICTURES
(c)2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
公式サイト:http://vision-movie.jp/

▼永瀬正敏&岩田剛典 チェキプレゼント▼ 

永瀬正敏&岩田剛典のサイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式TwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締切>
6月22日(金)

      

「永瀬正敏×岩田剛典が語る、映画『Vision』への向き合い方 「河瀬組は役者の原点に立ち戻される」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版