>  >  > 長澤まさみ、アフロヘアで縄文土器を作る

長澤まさみ、アフロヘアで縄文土器を作る姿が話題に 『コンフィデンスマンJP』レキシの粋な演出

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月14日に放送された『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)第6話のタイトルは「古代遺跡編」。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)たち信用詐欺師の3人が、悪徳コンサルタント・斑井満(内村光良)を騙すために闘いを挑んだ。

 自転車での一人旅で十色村を訪れたボクちゃんは、川辺守夫(野添義弘)と美代(長野里美)の夫婦ふたりだけで切り盛りするラーメン屋にたどり着き、その素朴な味わい深さの虜に。夫婦は、特産品などを販売する「ふるさとふれあいモール」なるものがこの地にできることを心待ちにしていた。ところが2年後にボクちゃんが村を再訪すると、「ふれあいモール」の姿はなく、産業廃棄物処理場建設の計画が推し進められていた。そのプロジェクトを手がけているのが、斑井。ボクちゃんはダー子に話を持ちかけ、産廃処理場の建設工事を食い止めようと奮闘する。

 ダー子らは、工事を止めるだけならその土地から土器や土偶といった、遺跡があった証拠が出てくればいいと考えつく。大量の土器が必要になるが、リチャードはボクちゃんの失敗により、自慢のコレクションの一つである縄文土器を斑井に粉々にされてしまい、「もう貸さないよ」と拒否。すると、次のシーンではダー子を筆頭に、皆で何かを作る姿が。同じ素材、同じ技術で作り、経年劣化させることで縄文土器を作ろうとしていたのだ。

 「縄文の魂を吹き込むのよ」「縄文を蘇らせろ……縄文を超えてゆけー!」とノリノリで縄文土器を作ろうと励むダー子はいつの間にかアフロ姿に。すると、「縄文土器、弥生土器、どっちが好き?」とレキシの名ナンバー「狩りから稲作へ」が流れ始め、ネット上ではその演出に笑いの渦が巻き起こっていた。アフロヘアは、レキシの池田貴史のトレードマークそのもの。その後も音楽のBGMはそのままに、縄文土器を作る3人。はじめは「自分たちで作るなんて無理だろ」と言っていたボクちゃんもいつの間にかアフロヘアに、リチャードもアフロヘアとなり、3人の縄文土器に懸ける熱心さが徐々に高まっていく様子が相まって見えた。

      
レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

「長澤まさみ、アフロヘアで縄文土器を作る姿が話題に 『コンフィデンスマンJP』レキシの粋な演出」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版