>  > 竹内涼真、『ブラックペアン』で感じるやりがい

『ブラックペアン』インタビュー

竹内涼真が語る、デビュー5年目で感じる役者としてのやりがい「正解がない道なので楽しいのは間違いない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「先輩と比べたら、僕の経験なんて小っちゃい」

ーードラマでは渡海からの影響を受けていく世良ですが、実際に竹内さん自身も現場で二宮さんから刺激を受けることはありますか?

竹内:二宮さんとは一緒にお芝居をしていて、とてもゾクゾクします。いろんな場を踏んできている二宮さんだからこそ、『ブラックペアン』の現場でも、やりたいことや思い描いていることを、すぐにパッと演技に出せているんだなと感じますね。それって本当にいろんな経験を経て、何周も何周も繰り返して持てた確信や自信がようやく結びついて、表に出せることだと思うんです。

ーー竹内さん自身、昨年の活躍を踏まえて、役者としての自信や手応えはいかがですか?

竹内:『ブラックペアン』で共演している先輩と比べたら、僕の経験なんて小っちゃいですよ。どの現場でも収穫はありますが、毎回初めてのタイプの芝居に挑戦して、現場で上手くいかなったり、オンエアを観て全然ダメだったなって反省したり、その繰り返しです。たまにちょっとの手応えを感じるときには、それを自信に変えて、また新しいことに挑戦していきたいなとは思っているんですけど、やはり実際は難しいことが多くて。僕の芝居と、視聴者の方に良いなと思っていただける演技が違ったり、僕の中のどの引き出しをチョイスして監督にOKしてもらえるかで違ってくることもあるし、そこは面白いところでもあるんですけどね。最近は自分がしっくりきているだけではダメなのかなと考えるようになりました。正解がない道なので楽しいのは間違いないです。

「同年代の俳優の活躍はチェックします」

ーーちょうど1年前に映画『帝一の國』の舞台挨拶で「日本の映画界を一緒に盛り上げられるように、一生仲間として一緒にやっていけたらなと思います」と話していたのが印象的でした。同世代の俳優の活躍を意識することはありますか?

竹内:みんながどんなことをやっているのかは気になるので、同年代の俳優の活躍はチェックしますね。ちょうどライダーのときに『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』で出会った真剣(新田真剣佑)は、今2つの出演作(『ちはやふる -結び-』『パシフィック・リム:アップライジング』)が公開されているのはすごいなと思うし。菅田(将暉)くんも、(山崎)賢人くんもそうですね。『帝一』みたいに同世代で作る映画はすごく楽しいので、みんなで頑張ってまたやりたいなと思いますし、彼らが良い作品を作っていたら、僕も次にまた頑張らなきゃなと刺激を受けます。 

ーー『ブラックペアン』をはじめ、今夏公開の映画『センセイ君主』での主演など、今年もたくさんの活動を控えていますが、その忙しさをどう受けて止めていますか?

竹内:もちろんどの作品も大変ではありますが、毎回どんなリアクションが返ってくるのかを楽しみにしているので頑張れます。基本的に力は抜けている方なので、ストレスが溜まっていると感じることもあまりなくて。忙しくてもできるだけ人と会うことでいろんなことをインプットしていきたいなというのはありますね。休みがいっぱいあっても自分のテンポが崩れてしまうので、リズムを保ちながら過ごしていきたいです。

ーー役者としてデビューしてから5年目。今後の展望を教えてください。

竹内:「あ〜5年経ったのか」って感じですけど、思い返すとあっという間だという感覚もなくて。これから何十年が経ったら、あっという間だったと感じてしまうんだろうけど、1カ月、2カ月を僕の中できちんと過ごしている感覚があるので、それを大事にしたいですね。もう25歳なので、もう1回ちゃんと周りを見て、もっと考えて過ごしていきたいなと考えています。勢いはこれからもずっと大事だと思いますが、より細かくテンポを刻みながら頑張っていきたいです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

(取材・文=大和田茉椰/撮影=池村隆司)

■放送情報
日曜劇場『ブラックペアン』
TBS系にて、毎週日曜 21:00~21:54放送
原作:海堂尊『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)
脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、峠田浩
演出:福澤克雄、田中健太、渡瀬暁彦
出演:二宮和也、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、加藤綾子、加藤浩次、市川猿之助、小泉孝太郎、内野聖陽
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/blackpean_tbs/

▼竹内涼真チェキプレゼント▼

竹内涼真のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式TwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締切>
5月20日(日)

      

「竹内涼真が語る、デビュー5年目で感じる役者としてのやりがい「正解がない道なので楽しいのは間違いない」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版