>  >  > 『告白小説、その結末』予告編

ヒステリックに豹変する女性の正体とは ロマン・ポランスキー監督『告白小説、その結末』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ローズマリーの赤ちゃん』『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキーが監督を務める6月23日公開の映画『告白小説、その結末』から、日本版予告とポスタービジュアルが公開された。

 ポランスキーが初めて女性2人に焦点を当てた本作は、デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説『デルフィーヌの友情』を基にしたミステリー。心を病んで自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなったデルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)は、多忙な日々に疲弊しスランプに陥っていたが、そんな彼女の前に熱心なファンであると称するエル(エヴァ・グリーン)が現れる。エルは他人の人生を代筆するゴーストライターで、その知性と献身的な態度にデルフィーヌは次第にエルに信頼を寄せるように。まもなく2人は共同生活を始めるが、時折ヒステリックに豹変するエルは、不可解な言動でデルフィーヌを翻弄していく。

『告白小説、その結末』予告編

 今回公開された予告編では、エルに出会って以来、創作ノートを失ったり、差出人不明の脅迫状を受けとったりするなど謎の嫌がらせに遭うデルフィーヌの姿が映し出されている。

 ポランスキーは本作について、「この小説のおかげで、ふたりの女性同士の対立を掘り下げるという素晴らしい機会に恵まれました」と語り、「俳優同士の相性はつねに良好とは限りませんが、エマニュエルとエヴァの相性は最初から抜群でした」と撮影を振り返る。また、『アクトレス ~女たちの舞台~』などのオリヴィエ・アサイヤスが脚本の共同執筆者として参加しているが、ポランスキーによればアサイヤスが“女性を描ける”ことを信頼しての起用だったという。

■公開情報
『告白小説、その結末』
6月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
監督:ロマン・ポランスキー
出演:エマニュエル・セニエ、エヴァ・グリーン
脚本:オリヴィエ・アサイヤス、ロマン・ポランスキー
音楽:アレクサンドル・デスプラ
原作:デルフィーヌ・ド・ヴィガン『デルフィーヌの友情』(水声社)
配給:キノフィルムズ/木下グループ
原題:D’apres une histoire vraie/英題:Based on a true story
2017年/フランス・ベルギー・ポーランド/フランス語/100分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:古田由紀子
(c)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.
公式サイト:kokuhaku-shosetsu.jp

「ヒステリックに豹変する女性の正体とは ロマン・ポランスキー監督『告白小説、その結末』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版