>  >  > 北村一輝、キッズたちのアニキへ!?

北村一輝、映画ファンのアニキからキッズたちのアニキへ!? “ハマリ役”を常に更新する演技の振れ幅

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画界のアニキと言えば、誰が思い浮かぶだろう……。

 いま真っ先に思い浮かぶのは間違いなく、今年に入って関わった作品がすでに4作も公開されている北村一輝ではないだろうか。『今夜、ロマンス劇場で』や『去年の冬、きみと別れ』と、立て続けに日本の映画界を賑わせる作品に重要ポジションで出演し、“ハマリ役”を常に更新。特定のイメージに囚われない、いくつもの顔を見せ楽しませてくれるアニキだが、なんと彼はいま、あのプリキュアとも闘っている。

 1991年に映画初出演して以来、北村の出演作は膨大な数にのぼる。それ以前にも映画の出演はあるようだが、エキストラなどで地道に現場での経験を積んできたのだ。デビューしてから長らくは、三池崇史監督や望月六郎監督などの作品においてアウトロー路線で大活躍し、頭角を現しはじめた。『キル・ビル Vol.1』(2003)をはじめとし、『KILLERS/キラーズ』(2014)や『ザ・レイド GOKUDO』(2014)などの海外作品にも出演し、世界を相手に存在感を増し続ける。2000年代中頃からは、ファミリー層向けの作品などでの活躍も目立ち始め、より幅広い世代に、その存在が浸透していった印象が強い。その一端には、映画界での足場を築き上げていく傍ら、テレビドラマへもコンスタントに出演を重ねてきた事実がある。コミカルな演技を披露し、やがて映画化もされた『猫侍』での彼の姿は忘れがたい。現在も花王のシャンプー「サクセス」や、キリンの「のどごしストロング」などのCMで、映画のときとはまた違う魅力で、日々楽しませてくれている。 

北村一輝『今夜、ロマンス劇場で』より (c)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

 昨年末に公開され大好評を博した『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で、最愛の女性のために忍耐強く奔走する主人公の務め先である自動車工場の社長として、文字通りのアニキ肌を見せた北村。だが、今年一発目に公開された『羊の木』では、打って変わってダーティーで野卑なキャラクターを好演。その振れ幅の強烈さに、多くの人が手痛いパンチを喰らったのではないだろうか。だが同時に、この振れ幅の大きさこそ、思わず“アニキ”と呼びたくなるゆえんでもある。  

北村一輝『羊の木』より (c)2018「羊の木」製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

 『羊の木』の公開からわずか1週間後に公開された『今夜、ロマンス劇場で』で、北村はまたも大きく振り切れる。ある映画会社の看板スターという役どころの北村は、終始テンション高めで、少し“イタい”キャラクターを好演。思わず笑ってしまいながらも、次々と繰り出される歌に踊り、そしてキラリと光る笑顔には、スター性が確かにあった。 

北村一輝『去年の冬、きみと別れ』より (c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

 続く『去年の冬、きみと別れ』では、主人公たちの闘いに巻き込まれる、週刊誌の敏腕編集者という役どころだ。あまり踏み込むとネタバレになりかねないため詳述は控えるが、本作ではどのキャラクターもが苦悩を抱えている。それらがストーリーが進むにつれ少しずつ露呈していくのだが、その過程を北村は鬼気迫る演技で示し、作品に重要な緊張感を漲らせ続けた。

      

「北村一輝、映画ファンのアニキからキッズたちのアニキへ!? “ハマリ役”を常に更新する演技の振れ幅」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版