>  >  > 沢尻エリカ主演『猫は抱くもの』特報映像

沢尻エリカが歌って踊る、吉沢亮は涙を見せる 『猫は抱くもの』特報映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月23日に公開される沢尻エリカ×吉沢亮W主演作『猫は抱くもの』より、特報映像が公開された。

 本作は、思った通りの自分になれず、投げやりな毎日に慣れてしまった“元アイドル”の沙織と“自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫”が、自分らしい生き方を見つけていく物語。こじらせた1人と1匹の妄想とリアルが入り混じるさまを、実写の猫に加え、演劇風の演出、アニメーションなどを駆使して描き出す。

 沢尻と吉沢がW主演を務めるほか、水曜日のカンパネラのコムアイ、銀杏BOYZの峯田和伸らが擬人化した猫を演じる“猫キャスト”として出演。メガホンを取ったのは『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『グーグーだって猫である』の犬童一心監督。

 公開された特報の冒頭には、沢尻扮する沙織が、所属していたアイドルグループ“サニーズ”唯一のヒット曲「ロマンス交差点」を歌って踊る姿が収められており、こじらせ顔やアイドルスマイル、瞳から溢れ出る涙など、表情豊かな沙織の姿が描かれる。また、沙織を傍でずっと見守ってきた猫の良男(吉沢亮)が、“ねこすて橋”という猫の溜まり場で、捨て猫のキイロ(コムアイ)に出会う場面も描かれているほか、特報の後半では水曜日のカンパネラの劇中歌「マヨイガのうた」が流れる。

『猫は抱くもの』特報

■公開情報
『猫は抱くもの』
6月23日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松了、藤村忠寿、内田健司、久場雄太、今井久美子、小林涼子、林田岬優、木下愛華、蒔田彩珠、伊藤ゆみ、佐藤乃莉、末永百合恵、柿澤勇人
企画製作・配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:ADKアーツ
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分
(c)2018「猫は抱くもの」製作委員会
公式サイト:nekodaku.jp

「沢尻エリカが歌って踊る、吉沢亮は涙を見せる 『猫は抱くもの』特報映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版