>  >  > 『焼肉ドラゴン』にキム・サンホら出演

キム・サンホ&イ・ジョンウン、真木よう子ら共演『焼肉ドラゴン』に出演 家族の集合写真も公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 初夏公開予定の映画『焼肉ドラゴン』に、キム・サンホとイ・ジョンウンが出演することが決まった。

 2008年に日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂のコラボレーションで製作され、日本の演劇賞を総なめにした同名の舞台を映画化する本作。舞台でも作・演出を務め、映画『愛を乞うひと』『血と骨』などの脚本を手がけた鄭義信が映画初監督を務める。

 高度経済成長期の万国博覧会が催された1970年代、関西の地方都市の一角で一家が営むちいさな焼肉店“焼肉ドラゴン”を舞台に、故郷を奪われた6人の家族が、時代の波に翻弄されながらも、泣いて笑って、力強く生きる姿をユーモアに描く。

 真木よう子が三姉妹の長女・静花役、井上真央が次女・梨花役、桜庭ななみが三女・美花役を務めるほか、大泉洋や大谷亮平らがキャストに名を連ねる。

 『海にかかる霧』、『隻眼の虎』などに出演してきたキム・サンホは、本作では三姉妹と一人息子(大江晋平)の父親・龍吉を演じる。龍吉は戦争によって故郷と左腕を奪われながらも、「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」が口癖で、常に明るく未来に向かって家族を見守る役どころだ。『母なる証明』、『哭声/コクソン』、『オクジャ/okja』のイ・ジョンウンは、龍吉の妻として焼肉屋ドラゴンを支え、近所で暮らす哲男たちの世話も焼く、強く優しい母親・英順を演じる。

 また、『焼肉ドラゴン』の家族の集合写真が公開された。

キム・サンホ コメント

舞台の『焼肉ドラゴン』が優れた作品ということは以前から聞いていました。 鄭監督についても、作家・演出家としてその名声を知っていたため、キャスティングの提案を受けた時、俳優としてあまりにも幸せで嬉しかったことを覚えています。監督は原作者であり、映画のシナリオも直接書いた方であるため、信頼ができました。俳優さんたちもみんなベテランで、みんな期待以上に立派な俳優さんでした。通訳を経て対話をしなければならなかったのですが、お互いを信じて尊重しながら作品に取り組みながら良いアンサンブルを作り出すことができ、スタッフさんたちにも感謝しています。後半に3分ほどのロングテイクシーンがあり、そのワンシーンを6時間にわたって撮影したのですが、終わった瞬間、撮影監督をはじめ、スタッフさんたちとも抱きしめながら喚声を上げていました。あの瞬間は、俳優として最高の瞬間であり、永遠に忘れられない瞬間。 この場を借りてすべての方々にもう一度深い感謝の気持ちを伝えたいです。この映画の中には人間の生と、涙と、感動があります。 必ず見に来てほしい。 感動と面白さを必ず約束します。

イ・ジョンウン コメント

登場人物一人一人が生きていて存在感があり、物語の面白さもある。素晴らしい作品だと思いました。この映画に参加し、私は「焼肉ドラゴン」のすべてのことを愛することになりました。 飛行機の中から見た風景も、甘くってしょっぱい味の日本料理も、撮影現場の桜も、大阪の熱い在日韓国人たちと彼らの出演も、日本の映画人たちも、現場にいつも用意して頂いた日本のお茶やお菓子も、桜が散っていた雨の日も、撮影終了後にみんなで楽しんでた飲み会の風景も、力を尽くして演じた家族も、自分が演じたお母さんのあの格好、ポグリヘアも、すべてを愛してる。今も私達は、みんなと一緒にいるようです。最後のセリフがこの時間も思い出され、忘れられません。 鄭監督、俳優のみんなさん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。わざわざ映画館に足を運んだことを後悔しないと、保証します。

■公開情報
『焼肉ドラゴン』
初夏全国公開
原作・脚本・監督:鄭義信
出演:真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平、ハン・ドンギュ、イム・ヒチョル、大江晋平、宇野祥平、根岸季衣、イ・ジョンウン、キム・サンホ
配給:KADOKAWA、ファントム・フィルム
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会 
(c)2018「焼肉ドラゴン」製作委員会
公式サイト:http://yakinikudragon.com

「キム・サンホ&イ・ジョンウン、真木よう子ら共演『焼肉ドラゴン』に出演 家族の集合写真も公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版