>  >  > 『トラさん』北山宏光の“猫”場面写真

北山宏光「撮影初日からいきなり“猫”だった」 初主演映画『トラさん』での“猫”姿公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2の北山宏光が映画初出演にして初主演を務める『トラさん』より、猫を演じる北山のシーン写真と撮影中のコメントが公開された。

 2014年より集英社『月刊YOU』に連載された板羽皆の同名コミックを実写映画化した本作は、ある日、交通事故で死んでしまった売れない漫画家・高畑寿々男が、家族の本当の心・自分の本当の心を見つめ直せと、1ヶ月の執行猶予で、猫として家族のもとに戻される模様を描く物語。主人公の売れない漫画家で猫になる高畑寿々男=トラさんを北山が演じるほか、寿々男の妻・奈津子役を多部未華子、寿々男と奈津子の娘・実優役を平澤宏々路が務め、ドラマ『素敵な選TAXI』(関西テレビ・フジテレビ系)の筧昌也が監督を務める。

 公開された写真には、“猫”になった北山が、ダンボールの中で傷だらけになりながら遠くを見つめる様子が切り取られている。初めて話を聞いたときは、北山自身も「どういうこと?」と理解できなかったという初の猫役。しかし、原作を読み、物語をなぞり、「なるほど」と猫であることの意味を理解したという。撮影中の北山からのコメント全文は以下のとおり。

北山宏光(Kis-My-Ft2)コメント

撮影初日からいきなり“猫”だったんですが、実際に猫を演じてみると、寿々男であり猫であることの気持ちや感覚がリアルになってきて、もっとこんなこともできるのかなぁって、毎日色々と発見もあります。
猫を演じて、人を演じて、というのはなかなかないことなので(笑)、普段ではできないことをいっぱい詰め込めるので、この役にすごくやりがいを感じています。猫だから、猫なのに心は人だからこそできることがある。「カット」がかかって監督がくすりと笑ってくれると、密かに手ごたえを感じています。

■公開情報
『トラさん』
2019年全国ロードショー
出演:北山宏光(Kis-My-Ft2)、多部未華子、平澤宏々路
原作:板羽皆『トラさん』(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧昌也
配給:ショウゲート
(c)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会
公式サイト:torasan-movie.jp

「北山宏光「撮影初日からいきなり“猫”だった」 初主演映画『トラさん』での“猫”姿公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版