>  >  > 『ホリデイラブ』激しさを増す“渡劇場”

中村倫也、塚本高史と松本まりかに絶叫! 『ホリデイラブ』激しさを増す“渡劇場”のユニークさ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)が第4話に入り、視聴者によるリアルタイムでの“SNS感想戦”が定着してきた印象がある。それは仲里依紗や松本まりか、山田裕貴などキャスト陣も実際にオンエアを観ながらツイートしていることも大きな要因の一つでもあり、結果第4話放送中にはぶっちぎりでTwitterのトレンド1位を「#ホリデイラブ」が獲得した。


 仲のオンエア中のツイートが象徴しているように、第4話では、高森杏寿(仲里依紗)、純平(塚本高史)夫婦と井筒里奈(松本まりか)、渡(中村倫也)夫婦の4者面談に突入。シリアスながらどこかユニークさ漂う“渡劇場”が、トレンド1位を生む結果となった。

 高森夫婦を自宅にあげる渡。「入れ。またお前をこの家に入れることになるとはな」と嫁との浮気相手である純平にそう吐き捨てると、渡は「里奈ぁ! 奥さんが来てくださったぞぉ!」と玄関で絶叫。威圧的な態度で2人にマウントをかけるためのものだと思われるが、いきなり沸点マックスの渡はかなり非現実的であり、それ故に真面目な演技ながら笑えてくるのだ。渡は、今までの経緯とメッセージのやり取りを詳しく話すように、純平と里奈を追求していく。

 関係は遊びだったと主張する純平に、里奈はここぞとばかりに愛し合っていた関係だと杏寿にアピール。「ふふっ」と幸せな笑みを浮かべ、口に手を当てる“小悪魔”の里奈に対し、純平は「そんなことは言ってません!」と必死に否定する。ショックでヒステリックを起こす里奈。そこに、渡がテーブルをガン!と叩き、「最初からやり直しだ! このクソどもがぁ!」と話をリセットさせる。主導権は完全に渡にある、まさに“渡劇場”と呼ぶに相応しい展開。負けじと里奈も大粒の涙を流しながら、「純平さんが私だけを……私だけを本当に愛してくれてるって確信してたから! だから私もその気持ちに応えたいって思ったの!」と死に物狂いでアピールする。熱を帯びていく渡と里奈の一方で、杏寿と純平は冷静に折り合いを見つけることを提案。しかし、興奮が冷めない渡は床を手のひらで叩き、「この場所で! 抱き合っていたんですよ。私にバレた後も、会社でこそこそ会っていやがったんだ! もう俺は嫌なんだよ、嘘は!」と頭を掻きむしる。

      

「中村倫也、塚本高史と松本まりかに絶叫! 『ホリデイラブ』激しさを増す“渡劇場”のユニークさ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版