>  >  > 松坂桃李『娼年』新場面写真

松坂桃李が女性専用の娼夫に R18映画『娼年』新場面写真公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月6日公開の映画『娼年』から、松坂桃李演じる主人公・森中領の場面写真が公開された。

 2001年の直木賞候補となった石田衣良の同名小説を、『愛の渦』の三浦大輔が監督・脚本を務め、映画化した本作。ひょんなことから女性専用コールクラブに入店し、娼夫“リョウ”として仕事を始める東京の名門大学生・領(松坂)の姿を描く。2016年8月には、三浦×松坂で舞台化もされた。

 そして今回、客の女性にやさしく微笑む姿と、緊張した面持ちで相手の女性の話に聞き入っている娼夫“リョウ”の場面写真2枚が公開。どちらも、大学生活や女性との関係に退屈しバーテンダーのアルバイトに明け暮れ、「女なんてつまんないよ」と言っていた頃の領とは全く違う表情を見せている。

■公開情報
『娼年』
4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
出演:松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、階戸瑠李、西岡德馬、江波杏子
脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良『娼年』(集英社文庫刊)
製作:小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起
企画・プロデュース:小西啓介
エグゼクティブ・プロデューサー:金井隆治、津嶋敬介
プロデューサー:永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣
製作幹事:ファントム・フィルム、ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング:R18+
(c)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
公式サイト:http://shonen-movie.com/

「松坂桃李が女性専用の娼夫に R18映画『娼年』新場面写真公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版