>  >  > 『ビガイルド』若手キャストにも注目

ブレイク必至!? ソフィア・コッポラに選ばれた『ビガイルド』美少女キャストに注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ヴァージン・スーサイズ』『ブリングリング』のソフィア・コッポラが監督を務めた映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』が2月23日に公開される。

 トーマス・カリナンの小説『The Beguiled』を映画化した本作は、南北戦争中、バージニア州にある男子禁制の女子寄宿学園に暮らす美女7人が、負傷した敵兵のマクバニー伍長を招き入れたことにより、抑圧されていた欲望をあらわにしていく物語。原作小説は、 1971年にクリント・イーストウッド主演で『白い肌の異常な夜』として映画化されたこともある。

  本作のキャストには、寮長のミス・マーサ役にニコール・キッドマン、寮生のアリシア役にエル・ファニング、マクバニー伍長役にコリン・ファレルが抜てき。そんな中、これまでに様々な美少女たちを撮り続けてきたコッポラが選んだ脇役たちにも注目が集まっている。

 コッポラが「彼女の演技のセンスは素晴らしい」と絶賛し本作への出演が決定したアンガーリー・ライスは、『ナイスガイズ!』や『スパイダーマン:ホームカミング』などの話題作に立て続けに出演している女優。神経質なジェーンを見事に演じ切っている。

 また、エイミー役を務めたウーナ・ローレンスは、『サウスポー』でジェイク・ギレンホール演じる主人公の娘を演じ、2015年には米ヴァラエティ誌が選ぶ「今注目の俳優10人」に選出されたこともある人物。そのほか、本作で映画デビューを果たしたエミリー役のエマ・ハワードや、『超能力ファミリー サンダーマン』のアディソン・リーケがマリー役として出演し、彼女たちはともに授業を受け、撮影現場に同じ車で毎日通うことで絆を深めたそうだ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

■公開情報
『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』
2月23日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開
監督:ソフィア・コッポラ
出演:ニコール・キッドマン、エル・ファニング、 キルスティン・ダンスト、コリン・ファレル、アンガーリー・ライス、ウーナ・ローレンス、エマ・ハワード
(c)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:http://beguiled.jp

「ブレイク必至!? ソフィア・コッポラに選ばれた『ビガイルド』美少女キャストに注目」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版