>  >  > 『ラブレス』予告編

“愛せない息子”が失踪した夫婦描く アンドレイ・ズビャギンツェフ監督作『ラブレス』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『父、帰る』のアンドレイ・ズビャギンツェフ監督最新作『ラブレス』より、日本版予告編が公開された。

 本作は、第70回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、第90回アカデミー賞では外国語映画賞にノミネートされたヒューマンドラマ。離婚を決めた夫婦が、突然失踪した息子を探す中で、初めて愛と幸せを見つけ出す模様を描く。

『ラブレス』予告編

 このたび公開された予告編では、互いに別のパートナーを見つけ離婚が決まったボリスとジェーニャの夫婦のもとから、12歳の息子アレクセイが姿を消すシーンから始まる。互いを罵り合う姿や、“愛せない息子”の捜索を始める中で変化していく夫婦の心模様が映し出されている。

■公開情報
『ラブレス』
4月7日(土)新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ 共同脚本:オレグ・ネギン
出演:マルヤーナ・スピヴァク、アレクセイ・ロズィン
2017/ロシア、フランス、ドイツ、ベルギー映画
R15+ 提供:クロックワークス、ニューセレクト、STAR CHANNEL
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
(c)2017 NON-STOP PRODUCTIONS – WHY NOT PRODUCTIONS
公式サイト:http://loveless-movie.jp/

「“愛せない息子”が失踪した夫婦描く アンドレイ・ズビャギンツェフ監督作『ラブレス』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版