>  >  > ブーム以降の「テレビドラマ映画」の傾向

宇野維正の興行ランキング一刀両断!

初登場1位『祈りの幕が下りる時』にみる、ブーム以降の「テレビドラマ映画」の傾向

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週末の映画動員ランキングは、土日2日間で動員20万6000人、興収2億6500万円を記録した『祈りの幕が下りる時』が初登場1位を飾った。阿部寛主演、東野圭吾原作の『新参者』シリーズが映画化されるのは、2012年1月公開の『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』以来、ちょうど6年ぶり。この6年間にテレビドラマの映画化作品をめぐる状況は大きく変わり、ヒット作品がなかなか出なくなり、製作本数自体も大きく減少しているが、興収16億8000万円をあげた『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』』とほぼ同水準の興収比95.9%という数字を叩き出した『祈りの幕が下りる時』は異例の成功を収めていると言っていいだろう。

 テレビドラマ映画化作品のヒットが出なくなった背景には、そもそもテレビドラマが初回放送時に高視聴率をあげにくくなっているという構造的な問題に加えて、本作の監督・福澤克雄が演出を務めていた『半沢直樹』をその筆頭に、ドラマのヒット作がキャストや脚本家の都合でなかなか映画化されにくくなっているという現状がある。テレビドラマの企画が立ち上がった段階で映画化を前提にキャスト、脚本家、演出家を押さえておくという方策もあるにはあるが、放送時に話題にならず、映画化の際に目も当てられないような惨状を呈してしまったいくつもの失敗作を経て、近年は『相棒』のような長寿ドラマやティーン向けの深夜ドラマの映画化を除いて、各テレビ局はドラマはドラマ、局製作の映画は映画といった方針に舵をきっている。

 『祈りの幕が下りる時』の製作委員会には当然のように『新参者』を放送したTBSが参加していて、通常のテレビドラマ映画のように、公開直前の同局のバラエティ番組には阿部寛が出ずっぱり状態で作品の宣伝に奔走していた。しかし、お気づきのように映画のタイトルには肝心の「新参者」の文字がない。この傾向は、製作局は違うものの、同じ東野圭吾原作『ガリレオ』シリーズの映画化作品、『容疑者Xの献身』(2008年)と『真夏の方程式』(2013年)の成功にあやかったものであると考えられる(もちろん、東野圭吾原作作品の場合、映画化に先行して同タイトルで刊行されている原作のファンが一定数いるというのも大きいだろう)。また、いずれのシリーズも、テレビドラマを見ていない観客でも映画の作品世界にすんなり入っていけるような配慮がされている。

      

「初登場1位『祈りの幕が下りる時』にみる、ブーム以降の「テレビドラマ映画」の傾向」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版