>  >  > 『BPM ビート・パー・ミニット』予告編

エイズを患いながらも改革に挑む若者の姿が 『BPM ビート・パー・ミニット』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月24日に公開される映画『BPM ビート・パー・ミニット』の予告編が公開された。

 本作は、ロバン・カンピヨ監督の長編第3作となる青春ドラマ。監督自身の経験をベースに、1990年代初頭、エイズ患者やHIV感染者たちへの差別や不当な扱いに抗議し闘った、パリの若者たちの姿を描く。明日をも知れぬ命を抱える主人公の葛藤や、感染者を一人でも減らしたい、友人や家族の命を助けたいという情熱のもと、政府や製薬会社などへの変革に挑んだ実在の団体“ACT UP”の活動を通して、彼らの恋や人生の輝きを臨場感溢れる映像で描き出す。

 第70回カンヌ国際映画祭においてグランプリを受賞したほか、第90回アカデミー賞外国語映画賞のフランス代表にも選出された本作。今回、“フランスのゴールデングローブ賞”と称されるリュミエール賞に、作品賞、監督賞(ロバン・カンピヨ)、男優賞(ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート)、脚本賞(ロバン・カンピヨ、フィリップ・マンジョ)、新人男優賞(アルノー・ヴァロワ)、音楽賞(アルノー・レボティーニ)と計5部門最多ノミネートの快挙を達成した。

『BPM ビート・パー・ミニット』予告編

 公開された予告編では、エイズを患いながらも改革に挑む主人公ショーンが駆け抜けた 26年間の人生が映し出されている。血液に見立てた赤い液体を製薬会社に投げつけるデモシーンや、高校の教室へゲリラ的に乗り込みコンドームを配布するシーン、ナタンが恋人のショーンを献身的に介護するシーンなどが映し出され、生と死の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たちの姿が描かれている。

■公開情報
『BPM ビート・パー・ミニット』
3月24日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペースほかにて全国ロードショー
脚本・監督:ロバン・カンピヨ
出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ、アデル・エネル
配給:ファントム・フィルム
原題:120 battements par minute/英題:BPM (Beats Per Minute)
2017年/フランス/フランス語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/143分/R15+
(c)Celine Nieszawer
公式サイト:http://bpm-movie.jp/

「エイズを患いながらも改革に挑む若者の姿が 『BPM ビート・パー・ミニット』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版