>  >  > 『アメリカン・ヴァルハラ』公開決定

イギー・ポップとQOTSAジョシュ・オムのコラボを綴る 『アメリカン・ヴァルハラ』4月公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギー・ポップとクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オムとのコラボレーションを綴った映画『アメリカン・ヴァルハラ』が、4月14日より公開されることが決定した。

イギー・ポップ「Post Pop Depression」

 本作は、ザ・ストゥージズのフロントマンとしても知られる、イギー・ポップ最後のアルバムとも噂されている『Post Pop Depression』の完成、そしてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライブまでを追ったドキュメンタリー映画。監督は、ジョシュ・オムとアンドレアス・ニューマンが共同で務めた。

 2016年に発売された『Post Pop Depression』は、イギーが自費でレコーディングを計画し、ジョシュ・オムにプロデュースを打診したところから始まり、イギー・ポップ名義作品でも最大級のヒットのひとつとなった。また、アルバムに伴うツアーは全公演ソールドアウト。本作には、そのコラボの始まりから初のデモ音源レコーディング、アルバムのリリース、そしてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴの様子まで収められている。

 幼い頃、イギー・ポップが手がけた、映画『レポマン』のサントラを毎日爆音で聴き、それがきっかけでギターを手にしたというジョシュ・オム。その後、自身のロックンロールを奏でることとなったが、数十年後、彼は憧れの存在から突然のコンタクトを受け、楽曲の共同作業を打診される。当初はカジュアルなものだったこのコラボは、結果として、両者にとって「Post Pop Depression」という金字塔的なものとなった。イギー・ポップとジョシュ・オムに加え、Queens of the Stone Ageのギタリストであるディーン・フェルティタ、そしてArctic Monkeysのドラマーであるマット・ヘルダースの4人が、外部とは完全に遮断されたモハベ砂漠のど真ん中で、一切関係者にも知られることなく、作曲、レコーディング作業を行った様子が本作では映し出される。

■公開情報
『アメリカン・ヴァルハラ』
4月14日(土)より、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開
監督:ジョシュ・オム、アンドレアス・ニューマン
出演:イギー・ポップ、ジョシュ・オム(Queens of the Stone Age)、ディーン・フェルティタ(Queens of the Stone Age)、マット・ヘルダース(Arctic Monkeys)
提供:キングレコード
配給:ビーズインターナショナル
原題:American Valhalla
2017年/アメリカ/81分/16:9/5.1ch
(c)2018 Eagle Rock Entertainment Ltd.  An Eagle Vision release. Eagle Vision is a division of Eagle Rock Entertainment, a Universal Music Group company.
公式サイト:http://americanvalhalla.jp

「イギー・ポップとQOTSAジョシュ・オムのコラボを綴る 『アメリカン・ヴァルハラ』4月公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版