>  >  > 『富美子の足』予告編&ポスター

片山萌美の足を舐め回す淵上泰史の姿が 谷崎潤一郎原案『富美子の足』予告編&ポスター

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『リュウグウノツカイ』『桜ノ雨』のウエダアツシ監督が手がけた映画『富美子の足』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、谷崎潤一郎の短編作品を3人の映画監督が3本の現代劇として蘇らせるプロジェクト『谷崎潤一郎原案 / TANIZAKI TRIBUTE』のうちの1作品。富豪の老人・塚越は、デリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の美しい足を偏愛し、悦びを感じる日々を送っていた。そんななか塚越は、フィギュア作家の甥の野田に、富美子の足の等身大フィギュアを作るように依頼。しかし、野田の作ったフィギュアに満足しない塚越は、業を煮やし、「富美子の足を理解するために舐めてみろ!」と命令するが……。

 “富美子の足”に強い偏愛を示す塚越役をでんでん、塚越の愛人になる富美子を片山萌美、塚越の甥でフィギュア作家の野田を淵上泰史がそれぞれ演じる。

 公開された予告編では、塚越が「美しい! 芸術だ! 俺の金、全部、姉ちゃんにやる!」と、富美子の足にいかに惚れ込んでいるのかが分かるシーンからスタート。自分が作った富美子の足のフィギュアに満足しない塚越に、富美子の足を「舐めろ」と言われても拒否する野田だったが、富美子の足の美しさが野田の心を急速に変えていく様が映し出されていく。さらに、自分の財産をすべて相続すると言ったものの、なかなか他界する気配がない塚越にイライラを募らせる富美子の姿も収められている。

 一方のポスタービジュアルには、“狂っているのは、私か、男たちか”のコピーとともに、片山、淵上、でんでんの姿が捉えられている。

 また、追加キャストも発表に。塚越の親友・角次郎役の田村泰二郎、富美子の母・喜代子役の武藤令子、塚越の娘・初子役の山田真歩、喜代子を世話するボランティア・田中役の福山翔大が出演する。

 なお、本作の劇場公開日は2018年2月10日に決定した。

『富美子の足』予告編

■公開情報
『富美子の足』
2018年2月10日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開
監督:ウエダアツシ
出演:片山萌美、淵上泰史、武藤令子、山田真歩、福山翔大、田村泰二郎、でんでんほか
原案:谷崎潤一郎
制作プロダクション:TBSサービス
配給:TBSサービス
(c)2018 Tanizaki Tribute製作委員会
公式サイト:http://tanizakitribute.com

「片山萌美の足を舐め回す淵上泰史の姿が 谷崎潤一郎原案『富美子の足』予告編&ポスター」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版