>  >  > 『猿の惑星:聖戦記』はサムライ映画の影響も

日本のサムライ映画から影響? 『猿の惑星:聖戦記』アンディ・サーキスと監督がコメント

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在公開中の映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』より、シリーズを通してシーザーを演じ続けているアンディ・サーキスとマット・リーヴス監督のコメントが公開された。

 本作は、『創世記(ジェネシス)』『新世紀(ライジング)』に続く、『猿の惑星』シリーズ最新作。猿と人類の全面戦争から2年後を舞台に、人間たちから奇襲を受け、妻と息子の命を奪われたシーザー率いる猿と人類の生き残りをかけた戦いを描く。

 リーヴス監督は「シーザーが経験する試練は、スリリングであると同時に壮大で、作品そのものを大きく広げる。本作は大規模なスケールで展開する。猿が森を出て、より大きな世界と出会うからだ」と明かす。サーキスも「壮大な物語こそが、マットが目指していたところで、たくさんの作品を観てインスピレーションを受けていたようだ。それから黒澤映画にも影響を受けていたようだったよ」と同意する。

 サーキス自身も「三船敏郎を意識したのは確かだった。それから、クリント・イーストウッドも参考にしたから、シーザーには2人の要素も入っているんだ」と振り返る。そんなサーキスは、自身が演じたシーザーについて、「いかに人々に信じてもらえるキャラクターにするかということが役者としてのチャレンジだった。思考回路が複雑になり、話し方が巧になっていったので、彼を猿だと人に信じてもらえるように注力したよ。ポストプロダクションで見直してみて、シーザーがあまりにも人間らしくなりすぎて、猿の要素が充分でないこともあり、やり直さなければならないこともあった」と苦労も明かした。

■公開情報
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』
全国公開中
監督:マット・リーヴス
出演:アンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン
配給:20世紀フォックス映画
(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-g/

「日本のサムライ映画から影響? 『猿の惑星:聖戦記』アンディ・サーキスと監督がコメント」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版