>  >  > 『KUBO』吹替版にピエール瀧&川栄李奈

ピエール瀧、川栄李奈ら『KUBO』吹替版声優に 瀧「日本人には絶対見て欲しい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月18日公開のアニメーション映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の日本語吹替版声優として、ピエール瀧や川栄李奈らの出演が発表された。

 本作は、『ティム・バートンのコープスブライド』『コララインとボタンの魔女』のスタジオライカが、古き日本の世界を舞台に、三味線で折り紙に命を与える少年・クボの姿を描いたストップモーションアニメ。黒澤明や宮崎駿を敬愛し、日本マニアを公言しているトラヴィス・ナイトが監督を務める。

 『アナと雪の女王』でオラフの声を担当して以来の声優挑戦となる瀧は、本国版ではマシュー・マコノヒーが演じている、クボとともに冒険をする、物語の鍵を握るクワガタの吹替を担当。瀧は“超が付くほどのライカファン”であり、オファーを快諾したという。

 川栄は、本国版ではルーニー・マーラが演じている、クボを追い詰める敵・闇の姉妹の声を担当。声優としては『プリパラ』以来の出演となる。

 そのほか、クボ役に『クレヨンしんちゃん』しんのすけ役でお馴染みの矢島晶子、サル役に『攻殻機動隊』シリーズ草薙素子役の田中敦子、月の帝王役に『ポケモン』シリーズや『巨人の星』『宇宙戦艦ヤマト』など数々の名作に出演してきた大ベテラン・羽佐間道夫が名を連ねた。

 あわせて、瀧と川栄からのコメントも公開された。

コメント一覧

ピエール瀧

今作のオファーはとにかく嬉しかったです。元々ストップモーションアニメーションが好きで、各国の様々な映画を観ていましたが、昨今では特に今回のライカ製作『コララインとボタンの魔女』が凄すぎて大好きでした。想像を超える技術を持ったライカのアニメーションはとにかく別格で、全ての映像、演出において妥協せず、最高のものを届けるためにその環境を作っているライカの懐の深さに感動を覚えますし、リスペクトしています。今回の作品に参加することによって、そのライカの一員になれた事を光栄に思っています。また、日本文化の描写が本当に素晴らしいです。入念な日本の研究によって、細部まで丁寧に日本を再現しています。素直に日本人には絶対見てほしい作品だと思っています。ライカにしか出来ない魔法を、今回の『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』で体験できます。魔法がかかったこの映像世界を是非楽しみにしてください。

川栄李奈

普段からアニメを見るのが大好きなので、オファーをもらったときには大喜びしました! 声のお芝居の経験が少ないので緊張しましたが、楽しく演じさせてもらいました。“闇の姉妹”という役は、映画の中で一番怖くて不気味。初めて、ここまで直球の悪役だったので、自分なりの“怖さ”や“恐ろしさ”を頑張りました。元々ホラー映画が大好きなので、怖いキャラ自体はとってもテンションがあがりました(笑)! この映画のストップモーションの技術はとにかく驚きの連続です。どのシーンも信じられないくらい綺麗なので、私ももう一度見たいと思っていますし、皆さんにもこの感動を是非劇場で味わっていただきたいです。あと、ヒール役の闇の姉妹にも少し注目していただけると嬉しいです!

■公開情報
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
11月18日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:トラヴィス・ナイト
出演:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズ
(吹替版)矢島晶子、ピエール瀧、田中敦子、羽佐間道夫、川栄李奈ほか
(c)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:http://gaga.ne.jp/kubo/

「ピエール瀧、川栄李奈ら『KUBO』吹替版声優に 瀧「日本人には絶対見て欲しい」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版