>  >  > トム・クルーズ主演『バリー・シール』本編映像

麻薬組織の最高幹部と接触するトム・クルーズの姿が 『バリー・シール』本編映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トム・クルーズ主演映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』より、本編映像が公開された。

 本作は、1970年代に大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後CIAからスカウト、さらには麻薬の密輸で莫大な富を得た実在の人物”バリー・シール”の姿を描いたクライム・アクション。バリー・シールをトム・クルーズが演じ、『ボーン・アイデンティティー』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマンが監督を務める。

 このたび公開された本編映像は、CIAの秘密工作のため中米で偵察任務を行っていたシールのもとへ、当時裏社会を牛耳っていた麻薬組織メデジン・カルテルの最高幹部のひとり・オチョアが現れ、麻薬密輸の依頼をするワンシーン。自分の素性を知る男に困惑しながらも、「神は最近この国に新しい富を与え給うた。君の出番だ」という言葉に、好奇心が抑えきれないシールの一面を垣間見ることができる。

『バリー・シール/アメリカをはめた男』本編映像”JorgeOchoaAsksBarry”

 リーマン監督は、バリー・シールについて「CIAの支援の元で違法な作戦を行っていたバリーは誰にも知られずに国境を自由に越えることができており、空っぽの飛行機はもったいないということで、帰り道は麻薬を運んでしまおう、という展開となった。バリーは二つの組織の為に働く人間を演じ分け、突然、大金持ちになったのだ。だが、バリーにとってはお金が一番の目的ではなかった。バリーにとっての最大の魅力は、スリルと冒険と飛行機の操縦だったんだ」と彼がスリルや楽しさを求め、仕事を引き受けていることを語った。

 また、クルーズ自身も「バリーは僕たちがこの先決して経験することがないような非常にユニークな時代を生きた男だ。彼の人生は驚きに満ちていて、とにかく信じ難い。バリーは歴史を目撃し体感したキャラクターなんだ。本当に信じられないほど大胆で、今日の世界ではもう決して起こりえないことだ」とコメントを残した。

■公開情報
『バリー・シール/アメリカをはめた男』
10月21日(土)より全国ロードジョー
監督:ダグ・リーマン
出演:トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライトほか
配給:東宝東和
(c)Universal Pictures
公式サイト:http://barry-seal.jp/

「麻薬組織の最高幹部と接触するトム・クルーズの姿が 『バリー・シール』本編映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版