>  >  > 加瀬亮&宇野祥平主演、柄本佑監督短編公開へ

柄本佑監督短編『ムーンライト下落合』11月公開決定 監督自らオファーした加瀬亮&宇野祥平が主演

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 柄本佑が監督を務め、加瀬亮と宇野祥平が主演する短編映画『ムーンライト下落合』が、11月11日より渋谷ユーロスペースにて1週間限定上映されることが決定した。

 本作は、劇団東京乾電池に所属する作家・加藤一浩による短編戯曲を原作にした会話劇。東京・下落合にあるアパートで、長田とその友人・三上が過ごす、深夜の数時間を映し出す。これまでも何本か短編映画を制作してきた柄本が原作戯曲を気に入り、映画化に至った。

 ふたりの登場人物を演じるのは、柄本と以前から親交があり、彼が尊敬する俳優でもある加瀬と宇野。加瀬は長田、宇野は三上をそれぞれ演じる。スタッフには、柄本同様俳優・監督作として活躍する森岡龍、2018年公開予定の柄本主演映画『きみの鳥はうたえる』監督の三宅唱や撮影の四宮秀俊などが参加している。

 公開初日には、柄本監督と出演者による上映後トークショーが予定されているほか、期間中は監督の過去作の上映や、ゲストを呼んでのトークなど、連日イベントが開催される予定だ。

柄本佑監督 コメント

経緯の話を致します。劇団東京乾電池の座付き作家に加藤一浩さんという方がいます。僕加藤さんの作品が好きでして、たまにお茶をする関係だったこともありたまに戯曲を読ませてもらっていたわけです。2011年3月にゴールデン街劇場で上演された加藤一浩作・演出『4人あるいは10人の男たちによる断続的な何か』の中の一編が今作の台本になります。そう、戯曲の映画化でした。これは映画になると確信したのが2016年6月頃だったと思います。それから気心知れつつ、だからこそ常に厳しい視線を交わし合ういわゆる「仲間」に映画化するにはどうしたらいいか相談し、集まり、今作を撮影したのが同年9月です。皆さん、自分のわがままにノッていただきありがとうございました。加藤さん、映画化する事を許してくれてありがとうございました。加えて失礼とは知りつつ直談判という形でオファーさせていただいた加瀬亮さんと宇野祥平さん。加藤さんの台本を楽しんでもらえて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。まだまだ企画がありますので皆様にはこれからも付き合っていただきます。もう逃がしません。
そんなこんなで出来上がりました『ムーンライト下落合』。六畳間の中で男2人が繰り広げるアンナコトコンナコト。楽しんでいただけたら、これ幸い。では、チョーン!

■公開情報
『ムーンライト下落合』
11月11日(土)より、ユーロスペースにて1週間限定レイトショー(連日イベントあり)
出演:加瀬亮、宇野祥平
監督・脚色・編集:柄本佑
脚本:加藤一浩
撮影:四宮秀俊
照明応援:竹本勝幸、蟻正恭子
録音:魚野智生
整音・効果:黄永昌
助監督:三宅唱、森岡龍
製作:柄本佑、松井宏
制作:佛木雅彦
タイトルデザイン:可児優
劇中曲:Trio los Panchos「RAYITO DE LUNA」
2017年/30分/カラー/1.85/HD
(c)Tasuku EMOTO

「柄本佑監督短編『ムーンライト下落合』11月公開決定 監督自らオファーした加瀬亮&宇野祥平が主演」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版