>  >  > 『劇場版 はいからさんが通る』本予告

少尉が紅緒のほっぺたにキスするシーンも 『劇場版 はいからさんが通る』前編、主題歌入り本予告

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月11日に公開される映画『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』の追加キャストとして、声優・石塚運昇、鈴木れい子、三宅健太、伊藤静が発表され、あわせて主題歌入りの本予告と本ビジュアルが公開された。

 本作は、1975年~1977年まで『週刊少女フレンド』(講談社)にて連載され、シリーズ累計売上部数1200万部を超える大和和紀による漫画『はいからさんが通る』を劇場版アニメーションとして復活させたラブ・ストーリー。旧テレビアニメシリーズでは未完となっていた原作のラストエピソードまでを描く。ヒロイン・紅緒役の声を早見沙織、紅緒の許婚・伊集院忍少尉役の声を宮野真守が務める。

 発表された声優キャストは、花村少佐役を石塚、ばあや役を鈴木、牛五郎役を三宅、吉次役を伊藤がそれぞれ担当。

 このたび公開された本予告には、紅緒と少尉の出会いのシーンや、紅緒の幼なじみで歌舞伎の女形役者・藤枝蘭丸が紅緒に「お嫁になんて行かないで」といいながら抱きつく姿、縁組を拒む紅緒、「僕はあなたと結婚します」と宣言する少尉、紅緒が少尉に心惹かれていく様、少尉におんぶされた紅緒が「変でも好き、大好き」と告白する模様、少尉が紅緒のほっぺたにキスする様子などが収められている。なお、竹内まりやが作詞・作曲を手がけ、早見が唄っている前編主題歌「夢の果てまで」も収録。

 一方の本ビジュアルには、“いつだって大キライは恋のはじまり。”というキャッチコピーとともに、ヒロイン・紅緒をはじめ、少尉、青江冬星、鬼島森吾、藤枝蘭丸、北小路環らキャラクターたちが一堂に揃った様が捉えられている。

早見沙織(紅緒役)コメント

本作の見どころとしましては、やはり、紅緒と少尉のロマンス!
見ているこちらとしては、胸がキュンキュンするときめくシーンがいっぱいでございます!!!!

宮野真守(伊集院忍役)コメント

個性的なキャラクターがたくさん登場して、それぞれが激動の時代を強く生きている姿に、心から感動します。
そんな彼らを生き生きと演じられるよう、僕らキャストも本気で臨みました。是非お楽しみください。

 

■公開情報
『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』
『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』
11月11日(土)公開(前編)/2018年公開予定(後編)
原作:大和和紀「はいからさんが通る」講談社KCDX デザート
監督(前編)・脚本:古橋一浩
監督(後編):加瀬充子
キャラクターデザイン:西位輝実
サブキャラクターデザイン・総作画監督:小池智史
背景デザイン・美術監督:秋山健太郎
色彩設計:辻田邦夫
撮影監督:荻原猛夫(グラフィニカ)
音響監督:若林和弘
音楽:大島ミチル
主題歌:「夢の果てまで」 早見沙織 作詞・作曲:竹内まりや 編曲:増田武史
アニメーション制作:日本アニメーション
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
キャスト:早見沙織、宮野真守、櫻井孝宏、中井和哉、梶裕貴、瀬戸麻沙美、石塚運昇、鈴木れい子、三宅健太、伊藤静
(c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
公式サイト:haikarasan.net

「少尉が紅緒のほっぺたにキスするシーンも 『劇場版 はいからさんが通る』前編、主題歌入り本予告」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版