>  >  > 『鋼の錬金術師』主題歌がMISIAに決定

山田涼介主演映画『鋼の錬金術師』、主題歌がMISIAの書き下ろし楽曲に決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月1日に公開される山田涼介主演映画『鋼の錬金術師』の主題歌が、MISIAの書き下ろし楽曲「君のそばにいるよ」に決定した。

MISIA

 本作は、シリーズ全世界累計7,000万部を超える荒川弘の人気コミックを、『ピンポン』の曽利文彦監督が実写映画化した、幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの成長物語。主演の山田がエド役を演じるほか、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、大泉洋、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子らがキャストに名を連ねる。10月25日より開催される第30回東京国際映画祭のオープニング上映作品として、世界で初めて公式上映されることも決定している。

 2018年にデビュー20周年を迎えるMISIA。本作の主題歌となる、MISIAにとって40枚目のシングル『君のそばにいるよ』は、11月29日にリリースされることも決定している。

 以前から原作コミックの大ファンだったというMISIAは、実写映画化にあたって、本作の世界観そしてエドとアルの2人の兄弟の絆の物語から曲を錬成し、映画のために新曲を書き下ろし。MISIAは「もともと好きな作品でしたので、お話をいただいた時は驚き、嬉しかったです! 主演の山田涼介さん演じるエドワードとアルフォンスの兄弟から感じとった歌詞に、果てしない希望を感じるメロディーとアレンジ楽曲、そして私の歌、それらを錬金して完成したものが、映画主題歌『君のそばにいるよ』です」と語っている。

 メガホンを取った曽利監督は、今回の主題歌について「ハガレンの世界観を見事に表現した主題歌と映画との一体感に気持ちが高揚します。MISIAさんも原作の大ファンだとお聞きして、この共振が本物であることを確信しました」とコメントを寄せている。

■リリース情報
MISIA 40th Single『君のそばにいるよ』
11月29日(水)発売
CD通常盤 1200円(税抜)
※初回生産分にはオリジナル特典あり

■公開情報
『鋼の錬金術師』
12月1日(金)全国公開
出演:山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、國村隼、石丸謙二郎、原田夏希、内山信二、夏菜、大泉洋(特別出演)、佐藤隆太、小日向文世、松雪泰子
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦
脚本:曽利文彦、宮本武史
音楽:北里玲二
主題歌:MISIA「 君のそばにいるよ」(アリオラジャパン)
製作:映画「鋼の錬金術師」製作委員会
制作プロダクション:OXYBOT
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会
公式サイト:http://hagarenmovie.jp

「山田涼介主演映画『鋼の錬金術師』、主題歌がMISIAの書き下ろし楽曲に決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版