>  >  > 『ネリー・アルカン』公開日決定&予告編

『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』公開日決定 “性”と“生”に苦悩するアルカン捉えた予告編も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンヌ・エモン監督作『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』の公開日が10月21日に決定。あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、カナダ生まれの女性作家ネリー・アルカンの生涯を映画化したヒューマンドラマ。高級エスコートガールだった自らの過去をモデルにした小説で文壇にデビューしたアルカンの生涯を、小説の世界と現実の世界が織り交ぜられながら描かれていく。

 主人公ネリー・アルカンをミレーヌ・マッケイが演じるほか、ミカエル・グアン、ミリア・コルベイ=ゴーブローらがキャストに名を連ねた。

『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』予告編

 このたび公開された予告編は、小説家としてデビューし、会見を行うアルカンの姿から始まる。小説家として作品を生み出し続けることへの苦悩や、自らが生み出した“分身”たちに彼女自身が蝕まれていく様子が映し出されている。あわせて公開されたポスタービジュアルは、セクシー・アイコンとしてふるまうアルカンの分身“マリリン”が、記者会見場でフラッシュを浴びている一場面を捉えたものとなっている。

 また、映画公開とあわせ、小説・映画・舞台、3つの切り口から作家ネリー・アルカンの人生と作品の世界観を再発見するプロジェクト、【ディスカバー ネリー・アルカン】が行われる。

■小説『ピュタン-偽りのセックスにまみれながら真の愛を求め続けた彼女の告白-』(パルコ出版)9月 30日発売
■舞台『この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌〜』
11月4日〜19日銀河劇場ほか
演出:マリー・ブラ ッサール
出演:松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、奥野美和、霧矢大夢

『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』前売り特典トートバッグ

 

■公開情報
『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』
10月21日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA 他全国順次公開
監督・脚本:アンヌ・エモン
プロデューサー:ニコール・ロベール
出演:ミレーヌ・マッケイ、ミカエル・グアン、ミリア・コルベイ=ゴーブロー
2016年/カナダ映画/フランス語 99分
(C)FILM NELLY INC.2016
公式サイト:nelly-movie.com

 

「『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』公開日決定 “性”と“生”に苦悩するアルカン捉えた予告編も」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版