>  >  > 福士蒼汰は母親にも嘘をついていた?

福士蒼汰は母親にも嘘をついていた? 『愛してたって、秘密はある。』第8話で描かれた愛とエゴ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 書き置きを見た晶子は「絶対にダメ!」とひどく困惑、狼狽してしまう。そしてその拍子で黎の部屋にあった手の骨を見つけてしまう。悟った晶子は「DIARY 2006」と書かれた日記を涙ながらに燃やし、その骨を持って警察へ。「11年前、夫の奥森皓介を殺したのは私です」と無表情で語る。驚きを隠せない警官と全く表情を変えない晶子。そして晶子が自首したという知らせを受けた黎。警察へ向かっていた足を引き返し「トゥーランドット」を口笛で鳴らし、怪しげな表情を浮かべる。


 今まで純粋な思いで自分の罪と戦っていたように見えた黎だったが、果たしてその真意は? 謎が謎を呼ぶ物語はついに佳境へと突入していく。







(文=馬場翔大)

■放送情報
『愛してたって、秘密はある。』
日本テレビ系にて 毎週日曜22:30~
出演: 福士蒼汰、川口春奈、鈴木浩介、賀来賢人、白州迅、柄本時生、吉川愛、山本未来、堀部圭亮、岡江久美子、遠藤憲一、鈴木保奈美ほか
企画:秋元康(兼・原案)
演出:河合勇人、佐久間紀佳
脚本:桑村さや香
プロデューサー:福士睦、鈴間広枝、柳内久仁子
(C)日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/shigotogadekinai/

      

「福士蒼汰は母親にも嘘をついていた? 『愛してたって、秘密はある。』第8話で描かれた愛とエゴ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版