>  >  > 『ウチの夫は仕事ができない』第5話

錦戸亮、“愛情の仕事術”で好評価へ 『ウチの夫は仕事ができない』第5話レビュー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ)のラストは、決まって小林沙也加(松岡茉優)の一言で終わりを迎える。「ウチの夫は仕事ができない。でも、◯◯◯だ」のように、夫である小林司(錦戸亮)の長所は毎週増えていく。第5話の長所は、「愛に溢れた人」。第1話で、お荷物社員として登場した司であったが、週を重ねる毎に、仕事もメキメキと上達。折り返しを迎えた今週では、タイトルとは違った“仕事のできる”印象を受ける。

 第5話は、司にとっても、彼を取り巻く人間関係が変化したストーリーであった。今週から新たに登場するのが、庶務課の恩田(羽田美智子)。司が新人の頃から、世話になってい人物であり、彼の上司である土方(佐藤隆太)の別居中の妻だ。司が、土方率いるチームに配属になった時、「お荷物社員」という噂から同僚メンバーは不信感の目で、司を見ていた。しかし、恩田には全くそれがない。恩田が、沙也加と出会うシーンがあるが「めっちゃいい子、大好き!」と彼への純粋な思いを伝える。社内の中でも彼女だけは唯一、司の輝きに気づいていたようだ。

 司は、老舗文房具メーカーの万年筆を高齢者向けに展開するプロモーションを土方に任せられる。先に動いていた土方は、やっとの思いで大物演歌歌手のブッキングに成功。しかし、イベントに向けたプレゼンの場で土方の演歌歌手の起用が、先方のイメージにそぐわず、難色を示す形になってしまう。司は、そこで意見を聞かせてほしいと抜擢されたのだ。先方の会長と面識のあった司は、プレゼンの場で土方の案とは真逆とも言える、若者をターゲットにしたプランを提案する。会長は、以前に会った際に心ある行動を取った司を「正直者の君」と指名していた。

      

「錦戸亮、“愛情の仕事術”で好評価へ 『ウチの夫は仕事ができない』第5話レビュー」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版