>  >  > 『52Hzのラヴソング』日本公開へ 

ウェイ・ダーション監督最新作『52Hzのラヴソング』日本公開へ 17曲で綴られるラブストーリー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督最新作『52Hzのラヴソング』が、12月16日より公開されることが決定した。

 台湾映画史上最高額をかけて制作され、抗日暴動・霧社事件を描いた『セデック・バレ』から、約6年ぶりにダーション監督がメガホンを取った。本作は、台湾初の全17曲完全オリジナル楽曲で綴られるラブストーリー。バレンタインデーの1日を通して、様々な愛の形と出会いを描いた、すべての人々にエールを送る作品となっている。

 タイトルに使われている“52Hz”は、実在する「52ヘルツの鯨」のこと。ほかのクジラとは鳴き声の周波数が違うため、ひとりぼっちで大海を彷徨っているという、世界で一番孤独なクジラの周波数“52Hz”。監督はこのクジラをモチーフに、都会の孤独な人々にメッセージを贈りたいと、10年前から考えていた花屋の女の子とチョコレート店の男の子のラブストーリーを含ませた。

 メインキャストには、台湾の人気バンド宇宙人(CosmosPeople)の作詞作曲ボーカル&キーボード担当のシャオユー(小玉)を始め、もと棉花糖のシャオチョウ(小球)、『KANO 1931海の向こうの甲子園』で主題歌を歌ったトーテムのスミン、小男孩樂團のミッフィー(米非)が名を連ねている。また、『セデック・バレ』のリン・チンタイ(林慶台)や歌手のシンディ・チャオ(趙詠華)、ほかにもリー・チエンナ(李千娜)、チャン・ロンロン(張榕容)やファン・イーチェン(范逸臣)、マー・ニエンシェン(馬念先)、イン・ウェイミン(應蔚民)、ミンション(民雄)、田中千絵らも特別出演する。

ウェイ・ダーション コメント

日本公開が決まって、とても嬉しく光栄です。社会全体が暗い雰囲気に包まれた今、甘く幸せな映画を観てほしくてこの映画を撮りました。日本の皆さんにもこの想いが届いて楽しんでいただけますように。

■公開情報
『52Hzのラヴソング』
2017年12月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開
監督・脚本:ウェイ・ダーション(魏德聖)
脚本:ヨウ・ウェンシン(游文興)、スー・ダー(蘇達)
撮影:チン・ディンチャン(秦鼎昌)
出演:リン・ジョンユー(林忠諭※宇宙人の小玉)、ジョン・ジェンイン(荘鵑瑛※ex.棉花糖の小球)、スミン、チェン・ミッフィー(米非※小男孩樂團の米非)、リン・チンタイ(林慶台)、シンディ・チャオ(趙詠華)
特別出演:リー・チエンナ(李千娜)、チャン・ロンロン(張榕容)、ファン・イーチェン(范逸臣)、他
配給・宣伝:太秦
(C)201752HzProductionALLRIGHTSRESERVED.

「ウェイ・ダーション監督最新作『52Hzのラヴソング』日本公開へ 17曲で綴られるラブストーリー」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版