>  >  > 萩本欽一ドキュメンタリー映画公開決定

萩本欽一の情熱を追ったドキュメンタリー映画公開決定 萩本「人生で納得のいかない唯一の仕事」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 萩本欽一のテレビへの情熱を追ったドキュメンタリー映画『We Love Television?』が11月3日に公開決定。あわせてポスタービジュアルと特報映像が公開された。

『We Love Television?』ポスタービジュアル

 本作は、”視聴率100%男”の異名を持ち、テレビをエンターテインメントの王様へと押し上げた立役者・萩本欽一を、アナログからデジタル放送への切り換え期である2011年から、新番組製作の一部始終までを追ったドキュメンタリー映画。

 監督は新番組企画の発起人であり、『電波少年』シリーズなど数々の人気番組を手がけ、バラエティ界を席捲した土屋敏男。女優・田中美佐子とお笑い芸人・河本準一(次長課長)を共演に迎え、構成担当にマルチに活躍する放送作家・高須光聖、番組セット担当に今最も注目を集めるクリエイティブ集団・猪子寿之率いるチームラボが参加している。

 公開されたポスタービジュアルは、“誰も知らない萩本欽一”というコピーとともに、タバコを吸う萩本が全面に打ち出されている。一方の特報映像では、「もう1回、30%バラエティをやりませんか?」と萩本に訴える土屋の姿から始まり、今なお全く衰えを見せない萩本の情熱が映し出されている。

 土屋は映画を作っていることを萩本に知らせず、ただの記録として番組製作を撮り続けていた。このことに関して萩本は、「まさか映画を作っているなんて、知らなかった。この映画、人生で納得のいかない唯一の仕事かな。でももっと面白くしたいなら、僕がコロッと逝った時に公開すればいいんだけどね(笑)」と冗談交じりに語った。

 また監督を務める土屋は映画について、「この映画で、僕の積年の思いが完結しました。このドキュメンタリーをテレビではなく映画にしたいと思ったのは、テレビは途中で観ることをやめることができる。でも映画は映画館に入ったら逃げられない。だから、逃げられない環境で観るものを作ってみたかったんです。僕にとって追いつきたいけど追いつけない師匠であり、常に動き続けている運動体、萩本欽一の最初で最後の貴重な映像になったと思います」と想いを打ち明けた。

『We Love Television?』特報映像

■公開情報
『We Love Television?』
11月3日(金・祝)全国公開
出演:萩本欽一、田中美佐子、河本準一
企画・構成・監督:土屋敏男
配給:日活
(c)2017日本テレビ放送網
公式サイト:http://kinchan-movie.com/

「萩本欽一の情熱を追ったドキュメンタリー映画公開決定 萩本「人生で納得のいかない唯一の仕事」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版