>  > 『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開決定

『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開へ 監督「トビン・ベルのDNAは作品全体に感じられるはず」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ソウ』シリーズの新章『ジグソウ:ソウ・レガシー』が、11月10日に公開されることが決定し、あわせて場面写真が公開された。

 本作は、2004年に公開された『ソウ』以降、2010年の『ソウ ザ・ファイナル3D』まで、毎年ハロウィンに新作が公開されてきたソリッド・シチュエーション・スリラー。凄惨なゲームの支配者であり、“ジグソウ”の名で知られていたジョン・クレイマーの死後十数年が経ったある日、彼を彷彿とさせる特徴的な死体が街で発見されていく模様を描く。

 このたび公開された場面写真には、砂に埋まっている女性が、上を見上げて悲鳴をあげている姿が捉えられている。『ソウ』シリーズのストーリーは、公開まで“極秘”とされているのが通例で、今回も明かされているのは断片的な情報のみ。

 今回新たにメガホンを取ったのは、『デイブレイカー』『プレデスティネーション』の双子兄弟、マイケル・スピエリッグ監督とピーター・スピエリッグ監督。スピエリッグ兄弟は「(過去シリーズでジグソウを演じた)トビン・ベルのDNAは作品全体に感じられるはず。ハロウィンの“恐宴”にはぴったりな映画だ。すごくワイルドなトラップがたくさんあって、楽しい“血”もある。もちろん、素晴らしいミステリーと最高のツイストもね。まさに2017年の“ソウ”なんだ」とコメントを寄せている。また、脚本を『ピラニア3D』のジョシュ・ストールバーグとピーター・ゴールドフィンガーが担当。

 なお、7月21日にアメリカ・サンディエゴで行われるコミコンのホラーパネルに、スピエリッグ兄弟が登壇することが決定している。


■公開情報
『ジグソウ:ソウ・レガシー』
11月10日(金)全国ロードショー
出演:マット・パスモア、カラム・キース・レニー、クレ・ベネット、ハンナ・エミリー・アンダーソン、ローラ・ヴァンダーヴォート、マンデラ・ヴァン・ピープルズ、ポール・ブラウンスタイン、ブリタニー・アレン、ジョシア・ブラック
監督:スピエリッグ兄弟
脚本:ジョシュ・ストールバーグ、ピーター・ゴールドフィンガー
プロデュース:オーレン・クールズ、マーク・バーグ グレッグ・ホフマン
配給:アスミック・エース
公式サイト:jigsaw.asmik-ace.co.jp

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開へ 監督「トビン・ベルのDNAは作品全体に感じられるはず」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版