>  >  > 『ブランカとギター弾き』本編映像

孤児の少女が“母親をお金で買う”ことを決意 『ブランカとギター弾き』本編映像&新場面写真

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月29日に公開される映画『ブランカとギター弾き』より、本編映像と新場面写真が公開された。

 本作は、日本人として初めて、ヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭の出資を得て製作された、長谷井宏紀の初長編監督作。“お母さんをお金で買う”ことを思いついた孤児の少女ブランカと、盲目のギター弾きピーターの、“幸せを探す旅”を描き出す。

 このたび公開された映像は、物語の始まりとなるブランカが“お母さんをお金で買う”ことを思いつくシーン。母親を恋しく思う日々を送っていた孤児のブランカは、ある日、街中で何気なくテレビを観ていた時に、女優のオリベリアが自分と同じような孤児の女の子を4人目の養子として引き取ったというニュースを目にする。思わず立ち上がり、食い入るようにそのニュースを観るブランカに対して、一緒にテレビを観ていた男がオリベリアを指し、「俺に金があったら買いたいよ」と呟く。「いくらで買える?」と聞くブランカに、男は「そうだな。3万ペソぐらいだな」と返答。お金があれば何でも買えると気づいたブランカは、この瞬間、母親をお金で買うことを決意する。

 あわせて公開された場面写真には、母親になってくれる人を求めるポスターを持って街を歩くブランカの姿が写し出されている。

『ブランカとギター弾き』ブランカが母親をお金で買うことを決意するシーン

■公開情報
『ブランカとギター弾き』
シネスイッチ銀座ほかにて7月29日(土)より全国順次公開
監督・脚本:長谷井宏紀
製作:フラミニオ・ザドラ
制作:アヴァ・ヤップ
撮影:大西健之
音楽:アスカ・マツミヤ、フランシス・デヴェラ

出演:サイデル・ガブテロ、ピーター・ミラリ、ジョマル・ビスヨ、レイモンド・カマチョ
2015年/イタリア/タガログ語/77分/カラー/5.1ch/DCP/原題:BLANKA/日本語字幕:ブレインウッズ
(c)2015-ALL Rights Reserved Dorje Film
公式サイト:transformer.co.jp/m/blanka/

「孤児の少女が“母親をお金で買う”ことを決意 『ブランカとギター弾き』本編映像&新場面写真」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版