>  >  > 『カンナさーん』放送に寄せて

渡辺直美×川原瑛都の親子関係に注目! 『カンナさーん!』初回放送のポイント

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『あなたのことはそれほど』の最終回放送からおよそ1カ月。ついに7月18日、TBS火曜10時枠の新ドラマ『カンナさーん!』の放送がスタートする。『逃げ恥』の新垣結衣、『カルテット』の松たか子・満島ひかり・高橋一生・松田龍平、『あなそれ』の波瑠。人気実力派の役者が務めてきたメインキャストのバトンを引き継ぐ本作の主人公が、お笑い芸人の渡辺直美であると発表された時には、驚きの声が多く上がった。

 同ドラマは、深谷かほるの同名コミックを原作に、ゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演となる渡辺を迎えて制作。雇われファッションデザイナーとして働く、パワフルで豪快、思い込んだら一直線の女・鈴木カンナが、夫・礼の不倫や理不尽な上司から降ってくる大量の仕事、姑・柳子の来襲、甘えん坊な4歳児の子育てなどの災難に見舞われながらも奮闘する模様を描く。本稿では、試写会で鑑賞した第1話から、注目したいポイントを紹介したい。

渡辺直美の母親っぷりに注目

 まず注目したいのが、渡辺の母親姿だ。渡辺演じるカンナは、会社でも保育園でも「カンナさーん!」「レオ(鈴木麗音)君ママ!」としょっちゅう呼ばれるほど、どこに行っても一目置かれる存在。元気に明るく振る舞い続け、いつも子どもの笑顔を1番に考えて行動する。そんな“最強の母親像”は、普段のたくさんの人を笑顔にしている渡辺だからこそできるものだろう。

 一方、誰よりも頼り甲斐のありそうな“パワフルなママ”なのだが、彼女にも悩んだり、落ち込んだりする時がある。だが、それを周囲には悟られないように振る舞うことがあり、単純な性格とは言えなそうだ。これまで、TBS10時枠では「多様な生き方を尊重し、正解を提示しない」というコンセプトを掲げ、支持を集めてきた。(『逃げ恥』『カルテット』『あなそれ』……TBS『火曜ドラマ』軒並みヒットの理由)カンナの単純そうで複雑なキャラクター設定もまた、そのコンセプトを引き継いでいるのかもしれない。

 実際、第1話から彼女にはある試練が課せられるが、それに対する彼女の回答は、見る人によって解釈が分かれるところだろう。浮気した夫、姑、会社の上司や同僚、後輩……あらゆる人物たちに振り回されながらも、奮闘するカンナの姿は、同世代の女性だけではなく、新しいファン層も獲得しそうだ。

      

「渡辺直美×川原瑛都の親子関係に注目! 『カンナさーん!』初回放送のポイント」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版