>  >  > 『フェリシーと夢のトウシューズ』吹替版予告

土屋太鳳、黒木瞳、熊川哲也らが声優担当 『フェリシーと夢のトウシューズ』日本語吹替版本予告

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月12日公開映画『フェリシーと夢のトウシューズ』より、本ビジュアルと日本語吹替版本予告編が公開された。

『フェリシーと夢のトゥシューズ』本ビジュアル

 本作は、映画『最強のふたり』のプロデューサー陣に加え、『カンフー・パンダ』『マダガスカル』などを手がけるアニメーションディレクターや、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督であるオレリー・デュポンが振付を担当するなど、実写とアニメーションの垣根を超えたスタッフが集結して制作されたアニメーション映画。

 家族のいない、ひとりぼっちの少女が、情熱だけを胸に、パリ・オペラ座のバレリーナを目指す姿が描かれる。主人公フェリシーの日本語吹替を土屋太鳳が務めるほか、フェリシーを暖かく見守るオデット役を黒木瞳、フェリシーが通うバレエ教室の教師・メラントゥ役を熊川哲也が務める。

 このたび公開された本ビジュアルでは、憧れのコスチュームを身にまとい、キラキラとした笑顔で踊るフェリシーを中心に、登場人物たちの姿が写し出されている。

『フェリシーと夢のトウシューズ 』日本語吹替版予告編

 予告映像では、何度も壁にぶつかり、くじけそうになるフェリシーと、それを支える大人たちの姿がポップに描かれている。

■公開情報
『フェリシーと夢のトウシューズ』
8月12日(土)全国公開
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンほか
日本語吹替:土屋太鳳、黒木瞳、花江夏樹、熊川哲也、夏木マリ
脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
振付:オレリ―・デュポン、ジェレミー・べランガール
配給:キノフィルムズ
2016/フランス・カナダ/シネスコ/89分/5.1ch/英語
(c)2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.
公式サイト:http://www.ballerina-movie.jp

「土屋太鳳、黒木瞳、熊川哲也らが声優担当 『フェリシーと夢のトウシューズ』日本語吹替版本予告」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版