>  >  > 米エンタメ業界ボディ・シェイミングの現状

女優だけじゃない! 米エンタメ業界にはびこるボディ・シェイミング(体型への批判)の現状

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「痩せているのが当たり前」というプレッシャーで拒食症にさえ陥ってしまう女優やモデル、アーティストが後を絶たないハリウッド。ケイト・ウィンスレットやジェニファー・ローレンス、『GIRLS/ガールズ』のレナ・ダナムなどはかねて「自分の体型に満足すべき」「痩せすぎは危険」とハリウッドに蔓延するボディ・シェイミング(体型への批判)に警鐘を鳴らしてきた。

 最近では激やせぶりが報じられた『モダン・ファミリー』のサラ・ハイランドが、「ベッドから起きられないほどの病気で筋肉が落ちてしまった!」と弁明し、悪気なく昔の写真の自分に「太ってたなぁ」とSNSでつぶやいた『プリティ・リトル・ライアーズ』のルーシー・ヘイルは「どこが?」という批判を受け、謝罪コメントを出す騒動に。とにかく、痩せても太っても、ちょっとした体型に対するコメントをするにも、どこでやり玉に挙がるかわからない世界なのである。

 モデル業界ではプラスサイズ・モデルとしてアシュリー・グラハム、健康的なむっちりボディのケイト・アプトンの活躍で、アカデミー賞授賞式で一世風靡した言葉“多様性”が受け入れられつつあるが、やはりボディ・シェイミングは女性にとって欠くことのない話題だ。

 しかし、スクリーン上で筋骨隆々のシックス・パックとまぶしい笑顔を武器に活躍している俳優たちがボディ・シェイミングと無縁かといえばそうでもない。『ハンガー・ゲーム』、『スノーホワイト』シリーズのサム・クラフリンは、どこからどう見ても非の打ちどころがないイケメン俳優だが、驚くことにボディ・シェイミングの被害者であるという。女優に比べ、語られる機会の少ない俳優陣のボディ・シェイミング。サムはオーストラリアのエンタメサイト「The Sydney Morning Herald」とのインタビューで、「俳優だって、女優と同じくらいひどい有様だけど、決してそういう話は表に出ないんだよね」と口火を切った。「あれは忘れもしないな。現場でシャツを捲し上げられて、脂肪をギュッとつかまれたんだ。『ちょっと体重を落としたほうがいいね』って言われて。ピシャッと叩かれたこともあって、なんだか自分が肉の塊みたいに感じたよ」と悪夢を振り返る。そんなこともあって、特に上半身をさらけ出す必要のある作品では「ナーバスになる」と吐露している。「ジムで何時間も何時間もワークアウトして、何週間も食べず、彼らが求める身体を作り上げるんだ」と涙ぐましい努力を語った。「50年代、60年代はこんなこと、問題にされなかったのにね。ジェームズ・ボンドにはシックス・パックがなかったし、胸毛もボーボーだった」。

      

「女優だけじゃない! 米エンタメ業界にはびこるボディ・シェイミング(体型への批判)の現状」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版