>  > 『Jimmy』予告編&MISIAコメント

中尾明慶×小出恵介『Jimmy 』予告映像 主題歌担当MISIAからコメントも

関連タグ
Jimmy~アホみたいなホンマな話~
Netflix
お笑い
ジミー大西
ドラマ
中尾明慶
六角慎司
宇野祥平
小出恵介
尾上寛之
明石家さんま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月7日に配信されるNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌が決定。あわせて予告映像が公開された。

 本作は、明石家さんまが企画・プロデュースを務めた実話をもとにしたヒューマンドラマ。お笑い芸人、画家であるジミー大西が師匠である明石家さんまや、芸人仲間と出会い、人生が変わっていく様を描く。ジミー大西役を中尾明慶、さんま役を小出恵介が演じている。

 このたび公開された予告映像では、ジミー大西の「同じ体に入るならそちらのほうが早いと点滴を飲む」や「駐車中の車の後ろにつき、渋滞と勘違いする」など“アホみたいなホンマの話”を垣間見ることができる。

『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』予告映像

 また、甲斐バンドの「最後の夜汽車」が主題歌に決定。1977年発売のオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録された1曲をMISIAがカバーしている。

MISIA コメント

20170418_misia.jpg

今回、Netflixドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』 の主題歌のお話を通じて、甲斐バンドさんの「最後の夜汽車」と初めて出会いました。素晴らしい曲で、本当に素敵な出会いをいただいたと思っています。
また、この歌の中では直接、夜汽車が向かう行き先は歌われてはいないのですが、「さんまさんから見る東京」、または「ジミーさんから見る“さんまさんがいる東京”に向かう夜汽車」のようにも感じ、曲をどのように仕上げるのが良いのか、とてもイメージがしやすかったです。
アレンジはNYにいる黒田卓也くんに頼み、オケをNYでレコーディングしてもらいました。ジャジーで温かく切ないサウンドに仕上がったと思います。
ドラマは、皆さまより一足先に見させていただきました。8〜9割は笑いながら観ているのに、突然ホロリときてしまう。また、さんまさんの笑いに対する哲学から、人生の哲学を教えてもらえるようなドラマだな、と思いました。

■配信情報
『Jimmy~アホみたいなホンマな話~』
7月7日(金)Netflixにて世界190ヵ国同時配信予定(全9話)
企画・プロデュース:明石家さんま
監督:光野道夫
出演:中尾明慶、小出恵介、尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、中村靖日、八十田勇一、木南晴夏、中村育二、濱田マリ、生瀬勝久、手塚理美、温水洋一、池脇千鶴、佐藤浩市、山崎銀之丞、徳永えり、楊原京子、金井勇太、ジミー大西、明石家さんま
制作プロダクション:共同テレビ
制作:吉本興業、YDクリエイション
In Association With Netflix
(c)2017YDクリエイション
公式サイト:https://www.netflix.com/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版