>  >  > 『光』予告映像

『光』視力を失いゆくカメラマンがもがき苦しむ予告映像 永瀬正敏「“遺作”を観た様な感覚」

関連タグ
恋愛
水崎綾女
永瀬正敏
河瀬直美
邦画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 河瀬直美監督がオリジナル脚本を手がけた映画『光』より、予告映像が公開された。

 本作は、カンヌ国際映画祭で受賞経験のある河瀬監督が、永瀬正敏と水崎綾女の共演で制作したラブストーリー。日々迷いながら生きていた美佐子が、視力を失いゆく天才カメラマン・雅哉に出逢い、彼の内面に惹かれていく模様を描く。

 このたび公開された予告映像は、ヒロインの水崎演じる美佐子から“見た世界”のシーンから始まる。主演の永瀬演じる弱視のカメラマン・雅哉が、カメラを抱きしめながらもがき苦しみ葛藤する姿や、彼の叫びに美佐子や周りの人々が心揺さぶられる様子、「心臓なんだよ。動かせなくなっても、俺の心臓なんだ」と語る雅哉の様などが、“光”とともに収められている。

 雅哉がやがて見えなくなる事を知りながらも、互いを見つめようとするふたりの姿には、“失うことで、思わぬ明日を見つける事ができる”というメッセージが込められているとのこと。

 また、雅哉に強く影響を受けた美佐子が、彼を想いながら書き上げた音声ガイドが劇中で登場し、その音声ガイドを樹木希林が読み上げている。永瀬自身も演じるその時まで、樹木が読み上げることを知らされていなかったという。永瀬は、「誤解されたくはないんだけど、ある意味、観終わった瞬間、自分で“遺作”を観た様な感覚になったんです。ネガティヴな意味には捉えて欲しくないんだけど。それだけ、とてつもなく強い思いがあった」と本作について語っている。

『光』予告映像

20170413-hikari-sb.jpg

20170413-hikari-sb2.jpg

20170413-hikari-sb3.jpg

20170413-hikari-sb4.jpg

20170413-hikari-sb5.jpg

20170413-hikari-sb6.jpg

20170413-hikari-sb7.jpg

20170413-hikari-sb8.jpg

20170413-hikari-mt.jpg

『光』前売り特典

■公開情報
『光』
5月27日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国公開
監督・脚本:河瀬直美
出演:永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、早織、大塚千弘、大西信満、堀内正美、白川和子、藤竜也
配給:キノフィルムズ・木下グループ
(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版