>  >  > 『西郷どん』北川景子や高梨臨の出演決定

北川景子や高梨臨、NHK大河『西郷どん』出演へ 北川「とても身の引き締まる思い」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日4月12日、東京・渋谷の同局にて、2018年放送のNHK大河ドラマ『西郷どん』の新出演者発表会見が行われた。

 鈴木亮平が主演を務める同ドラマは、林真理子の原作小説『西郷どん!』をもとに、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の中園ミホが脚本を手がけた大河ドラマ。薩摩の貧しい家計武士の家に生まれた西郷隆盛こと吉之助が、様々な人物との出会いを経て、時代の改革者へと成長して行く姿を描く。

 今回新たに出演が発表されたのは、北川景子、高梨臨、北村有起哉、高橋光臣、堀井新太、沢村一樹、斉藤由貴、小柳ルミ子、鹿賀丈史の9名。

 会見には、都合により欠席となった北村を除く8名と主演の鈴木が登壇。まずは制作統括の櫻井賢氏が今回の出演者発表に際し、「それぞれの登場人物の感情で紐解いていくと、幕末は本当に人間ドラマに溢れている。本日ここに集まっていただいたキャストの皆さんが演じられるのは、一筋縄ではいかない、感情を様々にぶつけていく魅力的な登場人物たち。これ以上ない贅沢な方々をお迎えすることができました」と集まったキャストについてコメント。

20170412-segodon-sub1.jpeg北川景子20170412-segodon-sub15.jpeg高梨臨

 のちの篤姫となる於一を演じる北川は、「私にとってNHKの作品も大河ドラマも初めての経験になります。いつか出演させていただきたいと目標として心の中で思っていた大河ドラマに携わることができ、そしてこのような素敵な皆さまと素敵な作品でご一緒することができ、とても光栄に思っております。とても身の引き締まる思いです」と緊張した様子で語る。

 2008年放送の大河ドラマ『篤姫』では宮崎あおいが篤姫役を演じたことも記憶に新しいが、そんな篤姫を演じることについて北川は、「過去に篤姫を演じられた先輩方や史実からたくさんのことを勉強して、中園先生の『西郷どん』の中の篤姫としてのキャラクターのオリジナリティーも大切にしながら一生懸命努めてまいりたいと思います」と意気込みを語った。

 西郷どんの正義を目覚めさせるきっかけともなる農家の娘・ふきを演じる高梨も今回が初の大河ドラマ出演。主演の鈴木と脚本の中園とは『花子とアン』以来のタッグとなる高梨は、「ふきという人間がどう成長していくのか、脚本をとても楽しみにしています。西郷さんに正義感を目覚めさせる人物になれるように、日々撮影に精進していきたいと思います」と述べた。

 西郷どんたち若者にとっての先生、よき相談相手となる赤山靱負を演じる沢村は、「僕はこの中で唯一、薩摩出身なので、鹿児島弁にあまり苦労せず、皆さんよりは少しハードル低めに入らせていただきます。この間、鹿児島に帰ったばかりなのですが、会う人会う人に『あんた『西郷どん』には出らんのね?』と聞かれまして(笑)。『出たいんだけどねぇ…』とずっとごまかしてきたんですけど、やっとここで『出ます!』と大きい声で言えます。役者として故郷の鹿児島に恩返しをしながら、この時代と薩摩という土地を少しでも身近に感じていただければ」と、地元・鹿児島でのエピソードを披露した。

20170412-segodon-sub14.jpeg鈴木亮平

 新たな共演者を迎えた西郷どん役の鈴木は、「前回の発表に続き、本当に理想のキャストの方々が集まってくださったなと思っています。もちろん皆さん俳優さんとしても素晴らしく、尊敬する方々ばかりなのですが、人間的にも素晴らしい方々で、1年以上撮影をやっていくのが今からすごく楽しみです」と現在の心境を語りながら、「沢村さんには鹿児島弁について『今からやっておかないとヤバイよー!』とすごい形相でプレッシャーをかけられました(笑)」と沢村とのやり取りにも言及。大学時代には言語学を専攻していたといい、「演技の前にある大きなハードルとして乗り越えていきたい」と方言をマスターすることを誓った。

 続けて鈴木は、「明治維新だけではなく、歴史で何か大きな事件が動く瞬間は、絶対にひとりでは動かないもの。みんなの熱い心と時代のうねりの中で、感情が高まり、それがひとつになった時に大きな事件が起こると思います。このドラマもみんながひとつの方向に向かって熱い気持ちを持って、それが爆発するような、明治維新のようなドラマにできれば」と意気込んだ。

 今回出演が発表されたキャストには、そんな鈴木の印象についての質問が寄せられる。「西郷さんの自然と周りに人が集まってくる朗らかさや、常にいろいろなことを考えている頭の切れる感じは、鈴木さんご本人にも共通する部分があると思います。同じ関西出身ということで、これから撮影が進む中で、もっともっと打ち解けて、ざっくばらんにお話ができれば」という北川をはじめとする共演者からコメントを受けた鈴木は、「恥ずかしい以外の何者でもないです。ご期待に添えるように頑張ります」と照れ臭そうにコメントした。

 会見後の囲み取材に応じた櫻井氏は、今回初の大河ドラマ出演となる北川の起用理由について、「睨まれたらドキッとする時と、ちょっとプーンとしてる顔からキュンと笑った時に僕はドキッとするんです。なんとも言えない可憐さや情熱が、篤姫に乗り移るのではないかと思います。吉之助とのいろんな場面が出てくると思うので、そこは楽しみにしてください」と語った。

 そのほか、高橋は、西郷どんを慕い、時には嫉妬し対立もする有村俊斎役、堀井は、西郷どんを兄のように慕い、最後のその時まで運命をともにする村田新八役、斉藤は、於一の教育係で、秘密の任務で西郷どんとタッグを組むことにもなる幾島役、小柳は、薩摩藩主・島津斉興の寵愛を受け、城の女主として権勢を誇る側室・由羅役、鹿賀は、薩摩藩に君臨する藩主で、西郷どんの運命を大きく揺さぶることになる島津斉彬役をそれぞれ演じることが発表された。また、瑛太、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅(ドランクドラゴン)、風間杜夫、平田満、松坂慶子の出演がすでに発表されている。

(取材・文=宮川翔)

20170412-segodon-sub10.jpeg鈴木亮平20170412-segodon-sub2.jpeg北川景子20170412-segodon-sub9.jpeg高梨臨20170412-segodon-sub3.jpeg高橋光臣20170412-segodon-sub4.jpeg堀井新太20170412-segodon-sub5.jpeg沢村一樹
20170412-segodon-sub6.jpeg
斉藤由貴

 

20170412-segodon-sub7.jpeg小柳ルミ子20170412-segodon-sub8.jpeg鹿賀丈史 20170412-segodon-sub11.jpeg鈴木亮平、北川景子20170412-segodon-sub12.jpeg『西郷どん』出演者発表会見の様子20170412-segodon-sub13.jpeg『西郷どん』出演者発表会見の様子

■放送情報
『西郷どん』
2018年1月〜放送(全50回)
出演:鈴木亮平、瑛太、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅、風間杜夫、平田満、松坂慶子、北川景子、高梨臨、北村有起哉、高橋光臣、堀井新太、沢村一樹、斉藤由貴、小柳ルミ子、鹿賀丈史
原作:林真理子『西郷(せご)どん!』
脚本:中園ミホ
音楽:富貴晴美
制作統括:櫻井賢
プロデューサー:小西千栄子
演出:野田雄介、梶原登城、盆子原誠

「北川景子や高梨臨、NHK大河『西郷どん』出演へ 北川「とても身の引き締まる思い」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版