>  >  > 『パイレーツ〜』最新作、日本版ポスター

ジョニー・デップの顔にピンと来る⁉︎ 『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作ポスター

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョニー・デップ主演作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』より、日本版ポスターが公開された。

20170308-pirates.jpg『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』日本版ポスター

 本作は、ウォルト・ディズニー・ジャパンによる『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作にして5作目。海賊船ブラック・パール号の船長ジャック・スパロウの前に、全海賊の滅亡を謀る“海の死神”サラザールが立ちはだかる模様を描く。

 主人公ジャック・スパロウ役をデップが演じるほか、“海の死神”サラザール役で『ノーカントリー』のハビエル・バルデムが出演する。メガホンを取ったのは、『コン・ティキ』のヨアヒム・ローニング監督とエスペン・サンドベリ監督。

 サンドベリ監督は、「“パイレーツ”シリーズの原点といえる第1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』に敬意を払い、この『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を制作しました。全世界で注目される作品なので、その責任を重く感じています。世界中に多くのファンがいるだけでなく、私たち自身もノルウェーで本シリーズを観ていたファンですからね」と語った。

 一方のローニング監督は、「私たちは史上最高の海賊映画を作ることを目指しました。力強い感情が核にあり、素晴らしいキャラクターたちが登場する、楽しくてスペクタクルなアクション満載の壮大な映画です。第1作目の魂をとらえると同時に、本作『最後の海賊』に新しさを吹き込むため、私たちはこれまで何年も力を注いできました。そして今、私たちがそれを成し得たかどうか、それを判断するのは観客の皆さんです」とコメント。

 このたび公開されたポスターには、“この顔に、ピンと来たら〈夏〉が来る。”というキャッチコピーとともに、デップ演じるジャック・スパロウが象徴的に捉えられている。

■公開情報
『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
7月1日(土)全国ロードショー
監督:ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオ、ジェフリー・ラッシュ
原題:「Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales」
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2017 Disney. All Rights Reserved.
公式サイト:Disney.jp/Pirates

「ジョニー・デップの顔にピンと来る⁉︎ 『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作ポスター」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版