>  >  > 『SING』長澤まさみが歌声披露!

長澤まさみ『SING/シング』オリジナル曲を熱唱 「”セリフ”として見ている人の心に届いたら」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月17日に公開される『SING/シング』より、日本語吹き替え版でパンク少女のアッシュ(ヤマアラシ)を演じる長澤まさみの歌唱映像が公開された。

 本作は、『ミニオンズ』、『ペット』と立て続けにヒット作を生み出しているユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントが贈るアニメーション映画。取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーンが、名劇場と呼ばれた頃の栄光を取り戻すため、世界最高の歌を求めて一世一代のオーディションを開催する模様を描く。本国版では、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリー、ジェニファー・ハドソンらがキャストに名を連ねている。

20170304-sing-nagasawa-1.jpg

 

 世界各国で初登場1位を記録している本作だが、全編吹替え版の制作が許されたのは日本のみ。日本語吹替版の発表されている声優は、内村光良(コアラのバスター・ムーン役)ほか、長澤まさみ(ヤマアラシのアッシュ役)、スキマスイッチ大橋卓弥(ゴリラのジョニー役)、トレンディエンジェル斎藤司(ブタのグンター役)、MISIA(ゾウのミーナ役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)ら総勢11名。また、日本語吹き替え版の演出を三間雅文、日本語吹き替え版音楽プロデューサーを、蔦谷好位置、日本語歌詞監修を、いしわたり淳治がそれぞれ手がけている。

 この度、公開された映像は、パンクロック少女のアッシュ(ヤマアラシ)を演じる、長澤まさみが本作のオリジナル曲「セット・イット・オール・フリー」を歌う本編映像。

 長澤まさみは本シーンを振り返り「あまりシャウトするような歌を普段歌わないので、挑戦だったのですが、思いっきり演じてなんとか形になったかなと思います。彼女自身が自分の殻を破って曲を作り上げるというストーリーになっているので、それに自分も気持ちが乗れたかなと思いました」といい、また注目してほしいポイントについて「アッシュのその時の気持ちを歌っている歌なので、ただ一つの”歌”という感じではなくて、”セリフ”として見ている人の心に届いたらいいなと思いました」と語っている。

 また、長澤自身も事務所のオーディションのときに、自己アピールとして歌を歌ったという。「別に得意ではなかったんですが…点そこでまんまと音程を外してしまって歌うことの難しさを知りました。その時の恥ずかしかったなという想いがあったので、歌を上手くなりたいと思い、なんとなく歌ったりしていたらこういうお仕事をいただけるようになって。苦手なことは克服できるんだなと自分も身を以て感じましたね」と、コメントしている。

『SING/シング』長澤まさみが歌う「セット・イット・オール・フリー」映像

■公開情報
『SING/シング』
3月17日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーほか
吹替版演出:三間雅文
日本語吹替版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
(c)Universal Studios.
公式サイト:http://sing-movie.jp/

「長澤まさみ『SING/シング』オリジナル曲を熱唱 「”セリフ”として見ている人の心に届いたら」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版