>  >  > 『僕とカミンスキーの旅』日本版ポスタービジュアル&予告編公開

『グッバイ、レーニン!』監督、12年ぶり長編作品『僕とカミンスキーの旅』予告&ポスター

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴォルフガング・ベッカー監督作『僕とカミンスキーの旅』より、日本版ポスタービジュアルと予告映像が公開された。

 本作は、『グッバイ、レーニン!』のヴォルフガング・ベッカー監督が手掛けた12年ぶりの長編最新作。盲目の老画家が、売れない美術評論家の青年と共に珍道中を繰り広げながら、かつて愛した女性の元へと旅する模様が描かれる。

 原作はドイツのベストセラー作家、ダニエル・ケールマンの『僕とカミンスキー』。高慢で崖っぷちの美術評論家の青年ゼバスティアン役を『グッバイ、レーニン!』のダニエル・ブリュールが務め、ゼバスティアンを振り回す“盲目の画家”カミンスキー役を『007』シリーズのイェスパー・クリステンセンが演じている。

 

 マティスの最後の弟子で、ピカソも夢中になったと言われる伝説の画家カミンスキー。この度公開された日本版予告では、彼の紹介映像がドキュメンタリータッチで映し出されるほか、ゼバスティアンとの出会いや、旅の中で二人に友情が芽生えていく様子などが、ヨーロッパの自然と美しい絵画と共に描かれていく。

 あわせて公開された日本版ポスタービジュアルには、トレードマークのサングラスと赤いガウンを羽織ったカミンスキーとジャケット姿のゼバスティアンが、車や食堂列車に揺られながら珍道中を繰り広げる様子が収められている。さらに、ポスター上部には、ピカソ、ダリ、ウォーホルといったアートの巨匠たちの姿も確認できる。

20170126-kaminski-main.jpg

 

■公開情報
『僕とカミンスキーの旅』
4月29日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開
出演:ダニエル・ブリュール、イェスパー・クリステンセン、ドニ・ラヴァン、ジェラルディン・チャップリン、アミラ・カサール
原作:「僕とカミンスキー」 ダニエル・ケールマン著(三修社刊)
原題:ICH UND KAMINSKI
日本語字幕:吉川美奈子
監督・脚本:ヴォルフガング・ベッカー
配給:ロングライド
後援:ドイツ連邦共和国大使館、ジャーマンフィルムズ
(c)2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA

「『グッバイ、レーニン!』監督、12年ぶり長編作品『僕とカミンスキーの旅』予告&ポスター」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版