>  > 『アズミ・ハルコは行方不明』出演者座談会

高畑充希×太賀×葉山奨之×松居大悟『アズミ・ハルコは行方不明』座談会 高畑「出演しているみんなが輝いている映画」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高畑「出演しているみんなが輝いている」

20161110_155331_DSC9561r.jpg太賀

−−本作の面白さは、時間軸がバラバラになっているところにもあります。脚本の段階、撮影の段階では、なかなか映画の全体像が見えづらかったと思うのですが、実際に完成した映画をみたときは?

太賀:自分の楽しみのために行動していたこと、若者の勢いだけではっちゃけていたことが、いかにまったく関係ない人を傷つけているか、そこに気付いていない浅はかさ、それが明確に描かれていると感じました。だから試写で観た後に、あの楽しかったグラフィティアートの撮影の日々を後悔したんです。それが出来上がった映画にはっきりと映り込んでいました。

葉山:僕も台本を読んだときはどうなるか想像もつかなかったんですが完成した作品を観て、これまでに観たことのない映画だと思いました。さっき観たシーンが別の形で違うシーンに繋がったり、なんだか“アトラクション”みたいな映画だなと思いました。

高畑:私は撮影しているときも、完成した映画を観ても、よく分からなかったんです。でも、観終わった後に、いい映画を観たなと感じました。過程は実は重要ではなくて、分かればいいってものでもないんだなと。この映画は出演しているみんながみんな輝いているんですよね。

20161202-azumiharuko-main.jpg

 

−−高畑さんが演じる愛菜、蒼井さんが演じる安曇春子など女性が“生きている”映画になっていると感じました。松居監督は高畑さんとは現場でどんなお話をされていたんですか。

松居:「分からないです、どうしたらいいですか?」と高畑さんから聞かれて、「俺も分からないよ」って。

葉山:その会話、現場で何回か聞きましたね(笑)。

高畑:私が「分からないよ、監督」って言っても、「分からなくても、やるしかないだろ」って(笑)。

太賀:今回は“着地点”を松居さんは決めていなくて、あえて決めないでおこうというのがあったんですよね。それを聞いて、“どう演じるか”というのは分からないままでいいし、一緒に分からなくなって作っていければいいなというのがありました。

20161110_155352_DSC9563r.jpg松居大悟監督

松居:そうですね。このゴールにみんなで向かおう!ということではなくて……。

太賀:「ライク・ア・ローリング・ストーン」ってことですね。

松居:いや違うよ(笑)。うまく言語化できないですし、分かりやすい言葉にもしたくはないんですが、観たことのない日本映画を作ろう!という気持ちはありました。集まってくれた出演者・スタッフ、みんなを信頼していたので、任せることができたし、ある種無茶な感じで作ることができました。また、みんなと面白い映画を撮りたいですね。

『アズミ・ハルコは行方不明』予告編

(取材・文=石井達也/撮影=三宅英正)

■公開情報
『アズミ・ハルコは行方不明』
12月3日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
出演:蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、菊池亜希子、山田真歩、落合モトキ、芹那、花影香音、柳憂怜、国広富之、加瀬亮
監督:松居大悟
原作:「アズミ・ハルコは行方不明」山内マリコ(幻冬舎文庫)
配給:ファントム・フィルム
(c)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会
公式サイト:azumiharuko.com

「高畑充希×太賀×葉山奨之×松居大悟『アズミ・ハルコは行方不明』座談会 高畑「出演しているみんなが輝いている映画」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版