>  >  > グザヴィエ・ドラン最新作、来年2月に公開へ

グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』公開決定 主演ギャスパー・ウリエル来日も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グザヴィエ・ドラン監督の最新作「It’s Only the End of the World(英題)」が、『たかが世界の終わり』の邦題で、2017年2月11日に公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

20161101-ItsOnlytheEndoftheWorld-sub4.jpgギャスパー・ウリエル (c)Kazuko Wakayama

 第69回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した本作は、『わたしはロランス』『Mommy/マミー』のドラン監督が、フランスを代表する劇作家ジャン=リュック・ラガルスの戯曲「まさに世界の終わり」を脚色した人間ドラマ。「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために12年ぶりに帰郷した人気劇作家ルイとその家族たちが感情をぶつけ合う模様を描く。

 主人公の劇作家ルイを『SAINT LAURENT/サンローラン』のギャスパー・ウリエルが演じるほか、『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥ、『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル、『サンドラの週末』のマリオン・コティヤール、『わたしはロランス』のナタリー・バイらが出演する。

 なお、主演を務めるウリエルは、12月初旬に来日することが決定している。

20161101-ItsOnlytheEndoftheWorld-sub.jpg

 

20161101-ItsOnlytheEndoftheWorld-sub1.jpg

 

20161101-ItsOnlytheEndoftheWorld-sub2.jpg

 

20161101-ItsOnlytheEndoftheWorld-sub3.jpg

 

20161101-ItsOnlytheEndoftheWorld-visual.jpg

 

20161101-ItsOnlytheEndoftheWorld-logo.jpg

 

■公開情報
『たかが世界の終わり』
2017年2月11日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
監督・脚本:グザヴィエ・ドラン
原作:ジャン=リュック・ラガルス「まさに世界の終わり」
出演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ
配給:ギャガ
提供:ピクチャーズデプト、ギャガ、ポニーキャニオン、WOWOW、鈍牛倶楽部
後援:カナダ大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
原題:Juste la fin du monde/カナダ・フランス合作映画/99分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル/字幕翻訳:原田りえ
(c)Shayne Laverdiere, Sons of Manual
公式サイト:gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

「グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』公開決定 主演ギャスパー・ウリエル来日も」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版